【痛風対策】尿酸値を上昇させてしまう5つの原因とは

尿酸値を上昇させてしまう原因とは

尿酸値があがってしまう原因は、どんなものなのでしょうか?

知っているようで知らない『尿酸値の上昇の原因』を整理しました。

尿酸値をあげてしまう原因

プリン体の多い食べ物をたくさん食べること

プリン体がたくさんある食べ物

プリン体はどんな食べ物にも多かれ少なかれ、含まれています。

プリン体をまったく摂取しないということは現実的に難しいです。

プリン体は、尿酸を生成する原料になるので、プリン体を多く摂取すれば尿酸値は高くなります。

100gに含まれるプリン体の量が多い代表的な食べ物
あん肝399.2㎎
マイワシ305.7㎎
白子305.5㎎
鶏レバー312.2㎎
牛レバー219.8㎎
カキ184.5㎎
ウニ137.3㎎
参考: プリン体含有量

プリン体の1日の上限摂取目安は400mgです。

あん肝を100グラム食べたら、1日の上限になります。

プリン体をまったく摂取しないというのは現実的ではありません。

でもプリン体の総摂取量は、抑えるように努力をしましょう。

ビールを飲んでしまうこと

ビールを飲んでしまう

ビールにはプリン体が多く含まれます。

またアルコールを体内で分解するときには尿酸が大量に生成されてしまい、さらにはアルコールが尿酸を体外への排出を阻害する傾向があります。

つまり、体内に尿酸がたまって尿酸値をあげてしまいます。

暴飲暴食をしてしまうこと

暴飲暴食してしまう

暴飲暴食は、尿酸値を急激に上昇させます。

通常であれば余計な尿酸は、体外にしっかりと排出されるのですが、暴飲暴食で急激にたまった尿酸は、体外から排出されにくく、体内に溜まって尿酸値が急激に上がってしまい、バランスを崩します。

暴飲暴食は、もっともやってはいけない行為の一つです。

太ってしまうこと

太ってしまう

太ってしまうと、体内でのプリン体の合成を促進し、尿酸値を上昇させます。

また不満による過剰なインスリン分泌によって、尿酸が吸収されやすい状態となり、その結果尿酸の排出を阻害してしまうので、尿酸値が上昇してしまいます。

つまり肥満は、尿酸値をあげてしまう原因です。

激しい運動をしてしまうこと

激しい運動をしてしまう

筋トレなどの激しい『無酸素運動』は、プリン体から尿酸への変換が活発になり、急激に尿酸値が上昇します。

有酸素運動は?

ランニングなどの『有酸素運動』は、体脂肪を効率良く燃焼し、尿酸値が低下しやすくなります。

激しい運動よりもゆっくり長い時間ウォーキングした方が、尿酸値を下げるのには適しています。

ココがポイントですが、尿酸を下げたいなら、『無酸素運動』より『有酸素運動』の方が良いということです。

運動自体は非常に体に良いのですが、有酸素運動は尿酸値を上昇させてしまうので、無酸素運動をするようにしましょう。

尿酸値は下げることができる

健康診断の結果

尿酸値をあげてしまう原因というのは、ちょっとした生活習慣を意識するだけで改善することができます。

尿酸値が高いからと言って、かならず病気になるわけではないです。

ただ尿酸値が高いというのは、身体から出ている警告です。

この警告にしっかりと耳を傾け、放置することが無いようにしましょう。

食事習慣と運動習慣を変えるだけで、劇的に尿酸値を下げることは可能です。

尿酸値が●mg/dLを超えたらかなりマズい理由

尿酸値を下げる食べ物

こちらでも尿酸値についてまとめていますので、参考にしてみてください。

尿酸値を上昇させてしまう原因とは
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です