逆流性食道炎の原因は食事!逆流性食道炎にならないようにする13項目

逆流性食道炎の原因は食事といわれています。

あなたが注意すべきことはどういうことなのでしょうか?

今回は、逆流性食道炎にならないように、注意すべきチェックリスト13項目を紹介します。

逆流性食道炎にならないようにするチェックリスト13項目

逆流性食道炎の食事で注意すべきことは、どんなことでしょうか?

13項目をチェックしてみてください。

1. 早食いは逆流性食道炎になりやすい

早食いは、胃に大きな負担をかけ、胃酸の過剰分泌の原因になります。

ゆっくり噛んで消化を促進させるような食べ方が理想です。

早食いは絶対にやめてください。

2. 腹八分目以上食べると逆流性食道炎になりやすい

大食いは心の満足は得られるのかもしれませんが、身体としては大幅なカロリーオーバーです。

酸の分泌が過剰になってしまうので、

腹八分目以上は絶対に食べないようにしましょう。

3. 刺激物は逆流性食道炎になりやすい

辛い食べ物などは、胃に大きな負担をかけてしまい、胃酸の過剰分泌を引き起こします。

逆流性食道炎には、タバスコ、唐辛子、梅干しなどは良くありません。

刺激物はできるだけ避けましょう。

4. 油っこいものは逆流性食道炎になりやすい

油っこい食べ物は、胃に大きな負担をかけてしまいます。

油っこい食べ物は特に胃酸の分泌を過剰にしてしまいます。

天ぷら、トンカツ、ファーストフード、ラーメンなど油っこいものはできるだけ避けましょう。

5. 甘いものは逆流性食道炎になりやすい

甘い食べ物は、胃に負担をかけて、胃酸の分泌を過剰にしてしまいます。特に白砂糖がが良くないです。

アイスクリーム、ケーキ、チョコレートなど、甘いものはできるだけ避けましょう。

6. たんぱく質の多い食事は逆流性食道炎になりやすい

たんぱく質が多い食べ物は、消化に時間がかかり、胃に負担をかけて胃酸の過剰分泌や逆流を誘発します。

ハムやベーコン、焼肉など、たんぱく質の多い食事はできるだけ避けましょう。

7. 食事回数を増やし過ぎると逆流性食道炎になりやすい

大食いが良くないからといって、食事回数を6回などに増やして少しずつ食べるのは、胃への負担が少ないように思えますが、胃酸の分泌しつづけてしまうので良くありません。

1日3食を決まった時間に摂ることが良いでしょう。

食事回数を増やしすぎるのはやめましょう。

8. 食後にすぐ横になるのは逆流性食道炎になりやすい

食後は、胃酸の分泌が活発にされており、体を横たわらせてしまうと、胃酸を食道に逆流させてしまいます。

食後3時間は横たわらないようにしましょう。

9. アルコールは逆流性食道炎になりやすい

胃から食道に胃酸の逆流を防ぐ弁の役目をするのが、下部食道約筋ですが、アルコールによって緩んでしまうことで、胃酸の逆流を防げなくなってしまいます。

アルコールは避けましょう。

10. 肥満体質の人は逆流性食道炎になりやすい

肥満体型の人はお腹に圧がかかりやすく、胃酸が逆流させやすい状態になっています。

瘦せ型の体質の人に比べ、逆流性食道炎を患いやすいのでダイエットをしましょう。

11. ベルトは締めつけすぎは逆流性食道炎になりやすい

ベルトの締めつけは胃酸を逆流させてしまいます。食後はベルトを緩めるなどひと工夫するなどしましょう。

ベルトの締めすぎはダメです。

12. コーヒーは逆流性食道炎になりやすい

カフェインは胃酸の分泌を過剰にさせてしまいます。また胃にも刺激が強いです。

コーヒーはできるだけ避けましょう。

13. 炭酸飲料は逆流性食道炎になりやすい

炭酸飲料はゲップを誘発させやすく、胃酸を逆流させやすくなります。食道の炎症時には良くありません。

炭酸飲料はできるだけ避けましょう。

逆流性食道炎は食事で予防できる!

医師

いかがでしたでしょうか?逆流性食道炎の食事で注意すべきことは、なんとなくわかっていただけたのではないかと思います。

ストレスも逆流性食道炎の原因といわれていますので、急激な食事スタイルの変更は、ストレスをためてしまうかもしれません。

でも食生活の改善は、逆流性食道炎の予防だけでなく、生活習慣病の予防にもなりますので、ぜひ取り入れてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA