コンタクト着用者の花粉症におすすめ目薬【コンタクトしたままでOK】

花粉の時期の必需品の目薬。気になるのがコンタクト着用者のコンタクト使用中に、目薬を点眼していいのか?使用禁止モノがあったり、場合によっては失明をしてしまうといったことも聞きます。

今回はコンタクト着用者がコンタクト着用中に点眼できる目薬を紹介します。

コンタクト着用者の花粉症によるトラブルとは!?

涙による浄化作用が低下してしまう

コンタクトを装着していると、裸眼に比べ涙による洗浄効果が低下します。

結果、花粉が目の中に停滞しやすくなりアレルギー反応が引き起こされやすくなります。

コンタクトの変形で眼球に負担をかけてしまう

コンタクトは酸素を通すための目に見えない穴がたくさん空いてます。市販の目薬を使うと、目薬の成分によっては、その小さな穴に付着してしまいコンタクトレンズの寿命を縮めたり、変形させてしまうことがあり、結果的に眼球に負担をかけます。

コンタクト着用者のトラブル対応策

コンタクト着用を一時的にメガネ着用にしましょう

体にもともと備わっている機能でもある「涙」。

涙による洗浄機能を低下させる原因にもなるコンタクト着用は、アレルギー結膜炎を引き起こしてしまうと、コンタクト着用は悪化の原因になりますので、できれば一時的にメガネ着用にしましょう。

専用の目薬で目を清潔に保ちましょう。

コンタクト着用者は専用の目薬を使用しましょう。

目が痒いから目薬をしたいというのはわかりますが、目薬の成分によっては眼球に大きな負担を与えます。このような現象が起きにくい目薬を使用することが重要です。

コンタクト着用者の花粉症おすすめ目薬

医師から処方してもらう目薬が一番いいのですが、忙しいビジネスマンはそういうわけにもいかないですよね。

薬剤師のいる薬局などでコンタクトをしたまま点眼できる目薬を購入するようにしましょう。

数ある花粉症用の目薬の中でも、コンタクトを使用したまま点眼できる目薬を紹介します。

ロート アルガードコンタクトa

この目薬は、カラーコンタクト以外であれば点眼できるタイプです。

花粉によるかゆみや、目の充血を抑えてくれる成分である
コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが含まれています。清涼感が強めで、かゆみを鎮めつつ角膜ケアをするタイプです。

痒みだけでなく疲れ目やかすみ目にもオススメできる万能タイプです。

ソフトサンティア

ソフトサンティアは涙液に近い性質を持った人工涙液で、涙液不足に伴う目のかわきや異物感などの不快な症状を改善します。

ソフトサンティアは、コンタクトレンズに対して何ら影響を及ぼさないことが確かめられていますので、すべてのタイプのコンタクトレンズを装着したまま点眼することができます。多くの眼科でも処方されます。

アイリスCL-Iネオ

アイリスCL-Iネオは、タウリンを配合した涙液型目薬です。コンタクトレンズに吸着して蓄積され、変性の原因となる成分を配合していません。

ソフト、ディスポーザブルをはじめO2、ハードコンタクトレンズを装用したまま、安心して点眼でき、コンタクトレンズをした目をやさしくいたわります。

乾いた目への刺激やトラブルの一因と言われている防腐剤を配合せず、涙の成分にタウリンを配合。コンタクト着用で定番中の定番目薬です。

なみだロートドライアイコンタクトa

コンタクトレンズ装用中に涙が不足すると、レンズのはりつきやこすれなどが生じ、不快感を感じたり角膜を傷つけてしまうことがあります。

なみだロートドライアイコントクトaは角膜保護成分を最大濃度配合したとろりとした製剤が瞳とレンズを包み込むため、レンズ装用中の乾きに効果的です。

すべてのコンタクトレンズに対応。コンタクト着用者に特におすすめです。

まとめ

コンタクト着用者の花粉によるトラブルの一例を紹介しましたが、大事なのは、花粉を目に入れないようにし、清潔に保つようにすることです。

花粉症の症状が出たら眼科で診察を受け、医師に目薬を処方してもらうことをオススメします。

特にオススメなのが「ロートアルガードコンタクトa」です。

ぜひチェックしてみてください。

もし他の市販の目薬を使用する場合は、コンタクト着用でも点眼できる目薬を確認の上、使用してください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です