乳酸菌の摂取は花粉症に効果があるのか?

鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、肌荒れ等々、花粉が原因で起こる症状は、つらくて、苦しくて、ゆううつですよね。

花粉症にはヨーグルトがおすすめという話も聞いたことがありませんか?ヨーグルトの乳酸菌が、花粉症に良いと聞くと半信半疑ながら、わらにもすがる思いになりますよね。

このページでは、花粉症に対する乳酸菌の効果について紹介します。

花粉症のメカニズムと乳酸菌

花粉症は、免疫機能の異常反応によって起こります。

花粉を敵と勘違いしたBリンパ球(リンパ球は、免疫細胞の一種、Bリンパ球は、B細胞ともいう)がIgE抗体を発生させます。

IgE抗体は、マスト細胞と結合し、次の花粉の侵入に備えます。

その後、花粉が侵入してくるとマスト細胞に結合したIgE抗体と花粉が結合し、反応するとマスト細胞はヒスタミンなどを放出します。

このヒスタミンが、アレルギー反応を誘発します。

花粉によって刺激を受けたBリンパ球が、ヘルパーT細胞(Th細胞)の助けを受けて抗体を発生させています。

ヘルパーT細胞には、抗体の量を抑える働きをする1型ヘルパーT細胞=Th1細胞(細胞性免疫)と抗体を作る働きを促進する2型ヘルパーT細胞=Th2細胞(液性免疫)があります。

花粉症の人は、Th2細胞の働きが優位になり、Th1細胞とのバランスが崩れています。花粉症を根本的に治療するには、Th1細胞とTh2細胞のバランスを整える必要があります。

Th1細胞を強く、増やすために有効なのが乳酸菌です。乳酸菌は、うまく活動させることで、善玉菌を増やし、腸内環境を改善し、免疫力を向上させる働きがあります。

乳酸菌には、善玉菌を増やし、腸内環境を改善し、あなたの免疫力を向上させる働きがあります。

免疫力が向上することにより、花粉症の症状改善が期待できます。よって、乳酸菌は花粉症の改善に効果があります。

乳酸菌が花粉症の症状を改善する効果があることは、厚生労働省も確認済みです。

花粉症に効果がある乳酸菌

乳酸菌 効果

乳酸菌には、さまざまな種類があります。花粉症の改善に効果があると言われている乳酸菌を紹介します。

フェカリス菌

フェカリス菌は、正式には「エンテロコッカスフェカリス」といいます。人由来の乳酸菌です。つまり人の体内にもともと存在する乳酸菌です。

一般的な乳酸菌に比べて小さく、丸い形をしており、一度にたくさん摂取することができます。乳酸菌は、多く摂取するほどその効果も高くなります。

また、フェカリス菌は、加熱殺菌して死滅した状態で摂取しても高い効果が得られる新型乳酸菌です。

ほかの乳酸菌と同様に腸内環境を改善する効果がありますが、特に免疫向上効果が高いと有名です。アレルギー症状を緩和する効果があることも報告されています。

L-92乳酸菌

L-92乳酸菌は、正式には「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」といいます。人由来の乳酸菌です。

カルピス由来の研究によって開発された乳酸菌です。

L-92乳酸菌は、免疫細胞のバランスを整えることでアレルギー症状を緩和する働きがあります。

現代人は、免疫細胞のひとつであるTh2細胞が優勢になりTh1細胞とのバランスが崩れています。このバランスの崩れが、アレルギー症状につながっています。

KW乳酸菌

KW乳酸菌は、正式には「乳酸菌KW3110株」といいます。小岩井乳業とキリンの共同研究にて開発された乳酸菌です。

KW乳酸菌は、胃酸に強く生きたまま腸に届きやすい乳酸菌です。

また、KW乳酸菌には、免疫細胞のバランスを整える働きがあります。

スギ花粉によるくしゃみを軽減させるという研究結果も報告されています。

L-55乳酸菌

L-55乳酸菌は、正式には「ラクトバチルス・アシドフィルスL-55株」といいます。人由来の乳酸菌です。

L-55乳酸菌は、胃酸に強く、生きたまま腸に届きやすく、腸の中に長く留まる乳酸菌です。

また、L-55乳酸菌には、IgE抗体を減らし、花粉症の症状を緩和させる効果があります。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を防ぎ、腸内環境を整え、体質を改善してくれる乳酸菌です。

乳酸菌というと真っ先に思い出すのが、ビフィズス菌ではないでしょうか。

乳酸菌は乳酸しか作り出せないのに対し、ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り、酸素があると生育できないという違いがあり、乳酸菌とビフィズス菌は厳密には違いますが、ここでは、大きな括りで乳酸菌とします。

ビフィズス菌には、さまざまな種類がありますが、その中でも「ビフィズス菌BB536」と「ビフィズス菌LKM512」が花粉症の改善に効果があると言われています。

 

ご紹介した通り、乳酸菌にはさまざまな種類があります。乳酸菌は、ヨーグルトで手軽に摂取することも可能です。生きたまま腸まで乳酸菌が届く商品もあります。

スーパーで購入できる花粉症におすすめの乳酸菌ヨーグルト

ヨーグルト

伊藤園 朝のYoo

フェカリス菌を取ることができるドリンクタイプのヨーグルトです。フェカリス菌は、免疫機能を向上させ、アレルギー症状を緩和する効果があります。

ほかの乳酸菌に比べて小さいフェカリス菌は、同じ容量っでたくさんの乳酸菌がとれます。効率的に乳酸菌を取りたいあなたにおすすめです。

カルピス 守る働く乳酸菌 L-92

今注目の乳酸菌「L-92乳酸菌」が取れます。L-92乳酸菌には、Th1細胞とTh2細胞のバランスを整える効果があります。

開封前であれば常温保存ができる商品です。まとめ買いにおすすめです。

小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW乳酸菌プラス

KW乳酸菌が入ったヨーグルトです。KW乳酸菌は、免疫細胞のバランスを整える働きがあります。プラズマ乳酸菌は、免疫の根本を強くする乳酸菌です。

花粉症だけでなく、インフルエンザにも効果があると言われています。インフルエンザ・花粉の時期には、品薄になることもありそうです。気になる方は、早めにお試しくださいね。

オハヨー たっぷり生乳ヨーグルト

L-55乳酸菌が入ったヨーグルトです。L-55乳酸菌は、胃酸に強く生きて腸まで届きやすい乳酸菌と言われています。

オハヨーおいしく果実 ヨーグルトシリーズでもL-55乳酸菌を取ることができます。ヨーグルトが苦手なお子さんでも果実の入ったドリンクタイプなら、飲んでくれそうですね。

明治 ヨーグルト R-1

OLL1073R-1乳酸菌が入ったヨーグルトです。R-1乳酸菌は、免疫力を高める効果が高い乳酸菌です。

ドリンクタイプなので、忙しい朝でも手軽にとれておすすめです。特に免疫力を高める効果が高い乳酸菌なので、花粉の時期と言わずに毎日続けたいですね。

森永 ビヒダスBB536

ビフィズス菌BB536を取ることができるヨーグルトです。ビフィズス菌BB536は、生きて腸にとどまり、悪玉菌を追い出す力があります。

手に入りやすい、ファミリーパック、無糖がうれしい商品です。

甘みが欲しい場合は、白砂糖ではなく、はちみつや黒砂糖をご利用くださいね。白砂糖は、免疫力低下を防ぐビタミンBなどを減少させてしまいます。

明治 プロビオヨーグルトLG21

LG21乳酸菌が入ったヨーグルトです。LG21は、ピロリ菌に効果がありますが、生きて腸まで届くという点でおすすめです。

以上が、わたしがおすすめするスーパーで購入できるおすすめの乳酸菌アイテムです。花粉症の症状が出る前から継続して摂取してみてはいかがでしょうか?

ネットで購入できる花粉症におすすめの乳酸菌サプリ

サプリメント

ヨーグルトは苦手、毎日の食事での乳酸菌摂取は難しそう…というあなたには、サプリメントでの乳酸菌摂取をおすすめします。

花菜の選べる乳酸菌

花粉症対策におすすめのサプリ【花菜の選べる乳酸菌】の効果や口コミ評判|花菜

2017.01.27

花菜の選べる乳酸菌は、2種類の乳酸菌サプリがセットになっています。そのため、複数の乳酸菌を効率よく摂取できます。花菜の選べる乳酸菌の効果や口コミ評価は、別ページで詳しくご紹介しています。

花の選べる乳酸菌の効果や口コミ評価はこちら

こちらもぜひご覧くださいね。

ベビー乳酸菌

花粉症対策におすすめのサプリ【ベビー乳酸菌】の効果や口コミ評判|ジョイフルライフ

2017.01.28

ベビー乳酸菌は、美容効果が高いと注目されているクリスパタス菌を配合しています。

クリスパタス菌は、自然分娩で産まれてくる赤ちゃんが母親から最初に譲り受ける乳酸菌です。

クリスパタス菌は、ヨーグルトなどから得られる乳酸菌と比べるとからだを守る免疫力が圧倒的に優れています。ベビー乳酸菌の効果や口コミ評価は、別ページで詳しくご紹介しています。

 ベビー乳酸菌の効果や口コミ評価はこちら

こちらもぜひご覧くださいね。

まとめ

乳酸菌を摂取することで、腸内環境が整うことで免疫力が高まり、花粉症の改善の効果があります。

花粉症の改善だけでなく毎日の健康維持のためにも、今回紹介した乳酸菌アイテムを摂取してみてください。

あなたの生活スタイルに合った形で乳酸菌アイテムを積極的に摂取して、万全な花粉症対策をしましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です