花粉症の人がコンタクトをすると目がかゆくないって本当?

花粉症の人がコンタクト着用をすると、眼球から花粉をガードして目が痒くならないという話を聞いたことがありますか?

そんなことがあるのでしょうか?

今回は、花粉症のシーズンにコンタクトを着用すると目がかゆくないのか調べてみました。

花粉症の人がコンタクトをすると目がかゆくないって本当?

個人差はあると思いますが、基本的にそんなことはありません。

花粉の時期は、花粉が体内に入ってしまうとコンタクト着用者でもかゆいです。

もちろんコンタクトに付着したら、まぶた裏はもちろん、結膜がアレルギー反応を引き起こしかゆくなると思われます。

また、コンタクトを着用していると花粉が涙で流れにくくなることから余計にかゆくなることがありますからオススメできません。

花粉の時期にはコンタクト着用者はどうするのが良いのか?

コンタクトを一時的にやめてメガネ着用にする

花粉の時期に、コンタクトをつけるのがつらいという人が多いと思います。

炎症を引き起こしているにも関わらず、コンタクトの着用によって刺激を与えてしまい、角膜などを傷つけてしまう危険がありますから、基本的にコンタクト着用を避けた方が良いです。

花粉症でコンタクトを着用する必要があれば、ワンデータイプにする

「メガネはどうしても嫌だ。仕事上メガネというわけにはいかない。」という方は、どうしてもコンタクトを着用する必要があれば、眼球に刺激を与えず、なおかつ清潔にするためにワンデータイプのコンタクトにすることをオススメします。

毎日のケアで眼球を清潔に保つことがとても重要です。

花粉症の時期にコンタクトをしていた方がいいことはあるのか?

花粉症の症状を抑えるにあたっては、いいことはありません。

むしろ花粉症の症状がひどい人にとっては目やにがひどくなってレンズが曇ったりして視界がかすんでしまったり、涙による洗浄効果が低下することで症状がさらに悪化したりします。

またコンタクト着用中は目薬を点眼するには専用も目薬を使う必要があるなど制限されます。

まとめ

花粉症の症状がひどいコンタクトレンズ着用者にとっては、とても大変な時期になりますが、この時期には目のトラブルが置きやすい時期です。

花粉症だけでなく眼球を傷つけてしまって、もし感染症にでもなってしまったら治療が大変になります。

この花粉症の時期だけは、メガネ着用にした方が安心です。

コンタクトレンズを着用すると目がかゆくなくなるというのは嘘です。

ぜひよく考え花粉症と向き合ってくださいね。

花粉症のコンタクトとメガネ【花粉症はコンタクトよりメガネ?】

2016.02.21
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です