内臓脂肪を減らす?『きょうの青汁』の成分を徹底分析

葛の花由来イソフラボンとは?『きょうの青汁』の成分を徹底分析

きょうの青汁には、どのような成分が使われているのでしょうか?

身体に入れるものだから、原材料や成分などは気になりますよね。

内臓脂肪を減らすというのは本当なのでしょうか?

今回は、きょうの青汁の成分を徹底的に分析しました。

きょうの青汁

きょうの青汁の成分

葛の花由来イソフラボン

葛の花由来イソフラボン(くずのはなゆらいいそふらぼん)とは、伝統あるマメ科の植物の健康成分のことです。

葛は昔から健康素材ついて利用されており、とくに根から得られるでんぷんは葛餅や葛きりなどとして食されてきました。

近年の研究の結果のひとつとして、葛の花の部分には、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける昨日があることが報告されています。

ダイエット業界では話題となっており、脂肪燃焼をサポートするサプリメントとしても人気です。

大麦若葉

大麦若葉(おおむぎわかば)とは、大麦の若い葉の部分のことです。

ミネラル類やビタミン類を豊富に含んでいます。

青汁の中でも飲みのくいといわれるケールや明日葉と比較すると、苦味や渋味が少なく栄養分が豊富なので、飲みやすい青汁の原料として知られています。

きょうの青汁に使われている大麦若葉は、国産で農薬を使っていないので、安心できますね。

桑の葉

桑の葉(くわのは)とは、クワ科の落葉樹の葉の部分のことです。

蚕のエサとして古くから使われてきた植物で、養蚕地を中心にお茶として飲む習慣もありました。

日本各地で採れるものですが、特に京都産の桑の葉は、ビタミンやミネラルが多く含まれており、青汁の原料としても良く使われています。

きょうの青汁に使われている桑の葉は、京都産のもので、栄養分がたっぷり入っていますね。

京にんじん

京にんじんとは、にんじんの一種で京の伝統野菜として知られています。

栽培に時間がかかり、また根が長く割れやすいために、収穫に機械が使えないなど、育てるのに手間がかかります。

普通のにんじんと比較すると、甘みが強く、にんじん特有のニオイが少ないです。

ビタミンや食物繊維が豊富に含まれており、風邪の予防、肌荒れ、便秘、貧血などに効果があります。

聖護院かぶら

聖護院かぶら(しょうごいんかぶら)とは、カブの一種で京の伝統野菜として知られています。

煮物や汁物や酢の物などに用いられ、11月から3月が旬の時期として食されています。

消化酵素が多く、胃もたれ、胸やけ、便秘などを解消し整腸効果が高いです。

またビタミンも多く、風邪の予防、疲労回復、肌荒れにも効果があります。

和三盆

和三盆(わさんぼん)は、香川県などの四国地方で伝統的に生産されている砂糖の一種です。

黒砂糖をまろやかにしたような独特の風味を持ち、淡い黄色をしており、細やかな粒子と口溶けの良さが特徴で、高級なものとして知られています。

カリウムを多く含み、血圧の抑制、便秘などにも効果があります。

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンとは、ほとんどの青汁に入っている成分で、水溶性の食物繊維として知られています。

血糖値の上昇を抑えるだけでなく、整腸効果や、ミネラルの吸収促進など、日本人が不足しがちな食物繊維を補えます。

安全性については、厚生労働省の認可による特定保健用食品としても認定され、安全であることも確認されています。

宇治抹茶

宇治抹茶(うじまっちゃ)とは、京都の宇治のお土産物として有名なお茶のことです。

日光を避けて育てて収穫し、蒸して乾燥させた後、石臼で挽いて粉に仕上げたお茶で、宇治に由来する製法で作られています。

宇治抹茶はお茶だけでなく、和菓子やスイーツなどにも広く使われ、人気を集めています。

カロリーが低く、カテキン、テアニン、タンニン、食物繊維が多く含まれており、血糖値の上昇を抑えたり、腸内環境を整えたりする効果があります。

きょうの青汁の特徴

葛の花イソフラボンが内臓脂肪を減らすのを助ける

きょうの青汁は、葛の花由来イソフラボンが特徴だということがわかりました。

青汁としては、大麦若葉と桑の葉を使い、ビタミンやミネラルがしっかり入っているのはもちろん、

京にんじんと聖護院かぶらといった、伝統の京やさいを使って、ビタミンや消化酵素もしっかり入っているようです。

ただ、やはり注目すべきは、葛の花由来イソフラボンですね。

内臓脂肪を燃焼する
わたし
葛の花はお腹の脂肪を減らすのを助けるのに効果があるので、体重を減らしたい人やウエストをスリムにしたい人は、飛びつきたくなるような成分です。

ダイエットにおすすめの青汁

きょうの青汁体重変化

試験条件概要

■対象者:97人のBMI25〜30の肥満気味の成人男女
■摂取方法:試験食品または対照食品(葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)34.9mg含有または非含有食品)を摂取。
それぞれの食品を12週間毎日摂取させ、摂取前、摂取8週間後、摂取12週間後(体重のみ摂取4週間後も)に効果を検証。
体重、お腹の内臓脂肪、お腹の皮下脂肪、ウエスト周囲径、お腹の脂肪(腹部全脂肪面積)を測定。

内臓脂肪の減少

この表を見てください!緑色のラインが『葛の花由来イソフラボン配合のきょうの青汁』です。

12週間の検証結果、きょうの青汁は、内臓脂肪が8平方センチメートル減っています!

つまり内臓脂肪の減少に効果が確認できたということのようです。

わたし

あくまでも実験データですが、このように内臓脂肪が減っているデータがあるので、ダイエットにも効果が期待できますね。

内臓脂肪が気になっている人は、きょうの青汁を試してみる価値はありそうです。

きょうの青汁の口コミまとめ』もぜひチェックしてみてください。

葛の花由来イソフラボンとは?『きょうの青汁』の成分を徹底分析
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です