逆流性食道炎に悩んでいたらストレスを緩和する漢方がおすすめ!

逆流性食道炎で悩む人が多くなっています。

逆流性食道炎の原因は、食事やストレスが原因ですが、ストレスはなかなか解消できませんよね。

どうしたらよいのでしょうか?

今回は、逆流性食道炎におすすめの漢方薬をまとめました。

逆流性食道炎の原因と漢方の効果

相談

逆流性食道炎とは、ストレスや食生活が原因で、胃酸が過剰に分泌され、胃から食道に逆流が引き起こされ、炎症を起こしてしまう病気です。

通常であれば、食道と胃のつなぎ部分は食道下部括約筋が弁の働きをして逆流を防ぐのですが、ストレスによってこの働きが弱まり、逆流を防げなくなってしまうといわれています。

胃酸の過剰な分泌を抑えるには、プロトンポンプ阻害剤や、H2ブロッカーなどの市販薬が有効なのですが、便秘などの副作用が引き起こされたり薬の効き目が弱くなってきてしまうなどで、逆流性食道炎の一時的な対処にはなりますが根本解決にはなりません。

一方で、漢方薬は胸やけや胃のもたれなど気がかりな症状を軽減しながら、胃や食道の免疫力や抵抗力をアップさせ体質を改善しながら逆流性食道炎を治癒するので、非常に有効な治療の手段といえます。

逆流性食堂炎におすすめの漢方薬

医師

半夏厚朴湯/はんげこうぼくとう

喉のつかえや食道部の違和感、胃炎、吐き気に効果的とされる漢方薬です。

神経にも作用するため、ストレスによる緊張感やイライラ、抑うつ状態なども緩和します。心と体、どちらの面からも逆流性食道炎をケアする漢方薬で、冷え性、顔色が悪いとよく言われる人、体力がない人、免疫力が低下している人におすすめの漢方薬です。

六君子湯/りっくんしとう

胃炎や胃痛、食欲不振、消化不良、嘔吐といった逆流性食道炎の症状に効果的とされる漢方薬です。

胃腸の働きを活発にすることで体内の水分の循環を改善します。六君子湯を構成する生薬に滋養作用のある成分が含まれているので、疲れやすかったり、貧血、冷え性の人におすすめの漢方薬です。

半夏瀉心湯/はんげしゃしんとう

胃腸炎やみぞおちあたりのつかえ、胸やけ、吐き気、げっぷなどに効果的とされる漢方薬です。

半夏瀉心湯を構成する生薬のうち、黄ごんと黄連(おうれん)が炎症による熱を緩和します。健胃作用のある乾姜、大棗、甘草も含まれており、汗をよくかく人や、ほてりの強い人、体力のある人には逆流性食道炎の対処におすすめの漢方薬です。

逆流性食道炎の対処法

医師

逆流性食道炎は、胃酸の過剰分泌で、胃から食道に逆流が引き起こされ、胸焼けや呑酸の症状になります。漢方薬による薬物治療は有効な手段ですが、やはり根本的に胃酸の過剰分泌を抑え、本来持つべき内臓の機能を正常化させるには、根本的な対処が必要です。

暴飲暴食などの食生活の見直し

野菜を中心とした健康的な食事をゆっくり噛み胃や腸に負担をかけないことが、逆流性食道炎の対処には有効です。

また食事をとった後にすぐに横になったり、激しい運動をするのはあまり良くありません。食後はゆっくりお茶を飲むなどして、胃や腸に負担を与えないように心がけましょう。

ストレスの解消

ストレスは胃酸の過剰分泌の原因にも、食道下部括約筋が緩くなる原因にもなります。

ただストレスの根源を全くなくすことはなかなか難しいでしょう。ストレスの根源をなくすことも必要ですが、まずはストレスを溜めないようにストレス解消の方法を確立しましょう。

一般的には、軽い運動が良いとされています。例えばウォーキングやストレッチ、ヨガやラジオ体操は、全身の血行を促進させ、ストレスの解消にとても良いとされています。

また、人によっては温泉もストレスの解消になりますし、逆流性食道炎の悩みを相談できる仲間を見つけることもストレス解消のひとつです。あなたなりのストレス解消法を見つけることは非常に重要です。

逆流性食道炎には漢方薬がおすすめ

医師

いかがでしたか?

ストレスは逆流性食道炎の原因となります。漢方薬をうまく利用しながら、あなたの生活習慣の見直しなどして、逆流性食道炎の対処を早期にしましょう。

逆流性食道炎の症状がひどくなると、仕事ができなくなるほどにまでなったり、胃ガンの原因となることもありますから、少しでも胸焼けや呑酸があったら、早めに対処することをおすすめします。

逆流性食道炎におすすめの市販薬は

逆流性食道炎は、胃酸の過剰分泌が原因ですから、その時は市販薬で胃酸の分泌を抑えるのが有効な手段です。

こちらでおすすめの市販薬を紹介しますのでぜひ参考にしてください。

ストレスが原因の逆流性食道炎におすすめの市販薬とは

2016.01.22
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です