【ストレスで悪化する】逆流性食道炎の悪化を防ぐ方法

逆流性食道炎は多くの人が悩んでいます。

ストレスが原因といわれますが、ストレスが逆流性食道炎にどのような影響を与えるのでしょうか?

逆流性食道炎の悪化を防ぐ方法をまとめました。

逆流性食道炎の悪化を防ぐ方法

ストレスをしっかり解消する

ストレスの根源を全く無くすことは現代生活においては非常に難しいです。

ただ軽度運動、例えばストレッチや体操などはストレス解消には非常に良いとされています。また逆流性食道炎の悩みを持つ仲間と話せることもストレスの解消になります。

ストレスを解消すると、胃酸の過剰分泌がおさまるので、逆流性食道炎の症状悪化を防ぐことができます。

薬で胃酸の過剰分泌を抑える

逆流性食道炎は、過剰な胃酸の分泌が原因です。

クスリで一時的に抑えることで、胸焼けや呑酸などの症状の軽減が期待できます。

胃酸の分泌を抑えてくれるのが、H2ブロッカー薬と呼ばれるものです。代表的なものでいうと、ガスター10などです。

胃に負担をかけない食事にする

油っこい食べ物や、甘い食べ物は、胃に負担をかけるので避けてください。

また早食いや暴飲暴食は、胃に負担をかけ、胃酸の過剰分泌の原因になります。

野菜中心の食事に切り替え、食事はゆっくりと摂るようにしましょう。

逆流性食道炎とストレスの関係

逆流性食道炎の原因は、ストレスといっても過言ではありません。

つまりストレスが解消されなければ、逆流性食道炎は悪化します。

逆流性食道炎は、症状がひどくなると、日常生活に影響が出るくらいの症状に悩まされます。

できるだけ早めに対処することをおすすめします。

逆流性食道炎かもしれないと思ったら、こちらのチェックリストでチェックしてみてください。

逆流性食道炎のチェックリスト【主な原因はストレスだけど】

2016年1月22日
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA