初期症状は一緒?花粉症と風邪の違いとは

花粉症と風邪の違い

季節の変わり目の「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」

まだ花粉症を発症していないあなたは、風邪なの?花粉症なの?と悩んでいませんか?

実は、花粉症は、風邪の初期症状とよく似ていて、共通点が多いです。

今回は、花粉症と風邪の違いについてまとめました。

花粉症と風邪の違い

症状など花粉症風邪
鼻水無色透明、サラサラで水っぽいサラサラから粘着性のある鼻水へ変化
鼻づまりひどい
両方の鼻が詰まることもある
あり
両方の鼻が詰まることはない
くしゃみ1日に何度も頻発するあり
目のかゆみありなし
喉の違和感かゆみ痛み
頭痛ほぼなしあり
発熱ほぼなし
あっても微熱程度
あり
関節の痛みなしあり
倦怠感なしあり
悪寒なしあり
下痢・嘔吐なしあり
期間花粉飛散の間ずっと(長期間)長くても1週間程度
天候晴れた日や風の強い日に症状がひどくなる天候に影響されることはない

花粉症と風邪の症状をまとめました。詳細は以下のとおりです。

鼻水

花粉症の鼻水は、無色透明でサラサラと水っぽく、鼻をかんでもかんでも流れ出ます。

風邪の場合も最初は無色透明ですが、すすれるくらいの粘着性があり、その後白から黄色へ粘度のあるものに変わります。

風邪の場合の鼻水は、初期段階であってもかんでもかんでも流れ出るということはありません。

鼻づまり

花粉症の鼻づまりは、症状がひどく、両方の鼻が詰まることもあります。

風邪の場合も鼻が詰まることはありますが、両方いっぺんに詰まることはありません。

くしゃみ

花粉症の場合は、1日も何度も出たり、頻発します。

風邪の場合もくしゃみは出ますが、頻度が高いことはありません。

目のかゆみ

風邪の場合は、目のかゆみの症状は出ませんが、花粉症の場合は目のかゆみの症状が出ます。

アレルギーの症状は、粘膜に強くでる傾向があり、コンタクトを着用している人は、より強く症状が出る傾向にあります。

また、目の痛みや目の周辺の腫れ、目やにの増加などの症状が出ることもあります。

喉の違和感

花粉症の場合も風邪の場合も喉の違和感はあります。

しかし、症状が異なります。

花粉症の場合は、喉の痛みよりもかゆみの症状が強く出ます。

風邪の場合は、喉の痛みが出ます。かゆみが出ることはありません。

頭痛

花粉症の場合、頭痛の症状が強く出ることはほとんどありません。

人によっては、鼻がつまり脳へ供給される酸素の量が不足することにより、頭痛の症状が出ることもあります。

風邪の場合は、頭痛の症状が出ます。

発熱

花粉症の場合は発熱することはほとんどありませんが、風邪の場合は発熱します。

まれに花粉症でも発熱することがありますが、微熱程度です。

私の周りではあまり聞いたことがない症状ですが、外出時に花粉に多く触れると発熱することもあります。

期間

花粉症の症状は、花粉が飛んでる間ずっと症状が続きます。

ゴールデンウィーク頃までと長期間となります。

風邪の場合は、長くてもせいぜい1週間程度です。

天候

風邪の場合は、天候に影響を受けることはありません。

花粉症の場合は、晴れた日や風の強い日に症状がひどくなります。

また、風邪の場合は、関節の痛み、倦怠感、悪寒、下痢や嘔吐などのの症状が出ます。

花粉症の対処方法

花粉症と風邪の症状の違いがわかりましたね。

では、風邪ではなく、花粉症である可能性が高い場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

耳鼻科・内科を受診する

時間が作れるようであれば、耳鼻科・内科の受診をおすすめします。

花粉の季節に入ってからの発症のためワンシーズン目は、投薬での対処療法となりますが、市販薬よりも即効性のある薬を処方してもらえます。

花粉症の薬は、色々とあります。相性もあります。体質に合った薬を処方してもらえるので、安心です。

耳鼻科でも内科でも治療は可能ですが、耳鼻科ではネブライザーや鼻の処置をしてもらえるため、個人的には耳鼻科がおすすめです。

また、目のかゆみがひどい場合には、眼科の受診をおすすめします。

次シーズンに備えて、レーザー治療舌下免疫療法なども可能です。

市販薬を服用する

CMでおなじみのアレグラをはじめとして様々な市販薬があります。

花粉の季節の病院の待ち時間は、長くつらいものがあります。

そもそも仕事などで忙しく、病院に行く時間が作れない時もあります。

そんな時には、ドラックストアで手軽に手に入れられる市販薬を利用しましょう。

花粉症に効くおすすめの市販薬をまとめてありますので、ぜひご覧ください。

お茶やサプリを利用する

薬は眠くなるなどの副作用が心配だから利用したくないというあなたには、お茶やサプリをおすすめします。

薬のような即効性や持続性はありませんが、花粉症の症状が改善したという声があります。

ここでは、花粉症の症状改善に効果があったと言われるお茶やサプリの一部をご紹介します。

詳細については、別のページでご紹介していますので、そちらをご覧ください。

  1. すーすー茶
  2. 白井田七。茶
  3. べにふうき緑茶
  4. 花菜の選べる乳酸菌
  5. ベビー乳酸菌

花粉症には、適切な対策が必要不可欠です。

薬の服用だけでなく、マスクやメガネで花粉を体内に入れないようにすることも大切です。

自分に合った方法でつらい花粉症の症状を軽減して、花粉の季節を乗り切ってくださいね。

まとめ

花粉症と風邪の症状は、似ている点もありますが、異なる点もあります。

鼻水・くしゃみ・目のかゆみおよび期間は、特に違いが出やすい点です。

今回ご紹介した症状を参考にしてみてください。

花粉症を発症してしまったと憂鬱にならず、マスクをするなどの対策をしてうまく付き合ってくださいね。

スポンサードリンク
花粉症と風邪の違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。