花粉症の目のかゆみにおすすめの対処法と点眼液

花粉症の時期は眼球を取り出して、「眼球を丸洗いしたい!」と感じたことありますよね。

花粉症の目のかゆみの原因は「アレルギー性結膜炎」です。

今回はアレルギー性結膜炎のおすすめ対処法と点眼液を紹介します。

アレルギー性結膜炎の究極の対処法

医師1

冷やす

アレルギー性結膜炎にはヒスタミンによる刺激を抑えるために冷やすことが重要です。

水で濡らした濡れタオルを2-3分目の周りに当てるだけで効果があります。もし症状が軽い場合には、暖かい濡れタオルと冷たい濡れタオルを交互に眼の周りに当てることで、炎症をさらに和らげることができます。

ただし症状が既にひどい場合は、暖めてしまうと悪化する可能性がありますので気をつけてください。

点眼液を使う

花粉などのアレルギー物質を体外に排出しましょう。

ただし既に炎症が起きてしまったら、薬に頼らざるを得ない状況です。

専門の点眼液で、ヒスタミンなどの放出を抑制し症状の悪化を防ぎ、かつ角膜をケアすることは有効な対処方法です。

目の周りのかゆみにおすすめな点眼液

アルガードクリアブロックEX

この点眼液はヒスタミン等の放出を原因から抑えます。また炎症を起こす原因物質であるプロスタグランジンの生成を抑制し炎症を鎮めてくれます。

花粉、ハウスダストによる目の充血、目のかゆみ、目のかすみ、なみだ目、異物感などの症状を緩和します。

ロート製薬が製造している中では、花粉症用目薬として一番効果が高いと言われています。目の炎症が重度の場合に病院で処方される成分なので、花粉症による症状もすぐに和らげてくれるでしょう。おすすめです。

ザジテンAL点眼薬

こんぼ点眼薬は、目の充血、目のかゆみ、目のかすみ、なみだ目、異物感などの目のアレルギー症状を緩和します。

ザジテン点眼液という病院で処方してもらえる成分と同様の物が含まれています。ですから市販とはいえど、処方薬と一緒なので効果は高いでしょう。

アレルギー症状を予防する効果もあるので、花粉症シーズン前から、予防対策としても使用できますからおすすめです。

アイリスAGガード

この点眼液は、ヒスタミンなどの発生を抑え充血などの炎症を鎮めてくれ炎症により傷ついた目の状態を整えます。

目の充血、目のかゆみ、目のかすみ、なみだ目、異物感などの目のアレルギー症状を緩和します。
清涼感があるのでスキッとするのがお好みの人にはおすすめです。苦手な方はやめておいた方がいいかもしれません。

花粉症の目のかゆみは冷やすことがポイント

花粉症の目の周りのかゆみの原因は、アレルギー性結膜炎です。

とにかく冷やすことと点眼液で花粉を洗い流し、炎症を抑えましょう。

これ以外の方法はありません。冷やすことと洗い流して炎症を抑えることです。

症状が既にひどくなってしまったら、薬に頼らざるを得ない状況です。

炎症を抑える専門の点眼液が効果的ですよ。

目の周りの花粉症のかゆみに効く薬と対処法のまとめ

2016年2月21日
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA