子供の花粉症の対策は『お茶だけ』で充分なのか?

子供が花粉症に悩まされるケースが増えています。

緑茶やハーブティーなどが花粉症の症状の緩和に効果があるといわれていますが、子供はどうなのでしょうか?

子供が服用できる薬は少ないといって、お茶だけで花粉症の対策は充分なのか、まとめました。

子供の花粉症の対策にお茶がおすすめな理由

メリット

  • 大きな副作用の心配がない
  • 子供でも安心
  • 妊婦さんや授乳中でも摂取できる
  • 他の薬との併用が可能

子供の花粉症対策にお茶がおすすめなのは、何といっても大きな副作用がないということです。

子供が服用できる薬は限られており、謝って大人用の薬を服用してしまうと、全身けいれんなどを引き起こしてしまう可能性があります。

お茶は副作用の心配がほとんどないですし、健康にも良いので、子供の花粉症対sカウにはぜひ『緑茶』を取り入れてください。

デメリット

  • 薬のような即効性は期待できない
  • 手間がかかる
  • 本当に効果があるのかわかりにくい

子供の花粉症対策にはお茶が良いのは理解いただけると思います。

ただお茶には即効性がありません。

花粉症のアレルギー症状が出てからお茶をいくら飲んでもダメです。

事前にお茶を飲むようにさせないとダメです。

花粉症の症状を緩和するためには、症状が引き起こされてからでは遅いです。

個人差がありますが、一般的に花粉の飛散する1ヶ月前には対策をはじめておきたいです。

カテキンミネラルフラボノイドをしっかり摂取して、免疫効果あげておきましょう。

子供の花粉症対策はお茶だけではムリ

子供にはお茶をできるだけ飲ませるようにしましょう。

ただしお茶だけで花粉症対策というのはさすがにムリです。

子供でも、花粉アレルギーがあるなら、やはり病院で処方薬をもらうべきでしょう。

お茶は花粉症対策に有効といわれていますが、即効性はありません。

薬も服用しながら、同時に食生活や生活環境の改善に取り組み、症状の緩和と身体の免疫力をあげていきましょう。

もし花粉症の症状が出てしまったら、なるべく早く小児科か耳鼻科に診察してもらってくださいね。

【子供の花粉症】薬やグッズや対処法の対策完全まとめ

2016.02.21
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です