『めまい』と『ふらつき』と『立ちくらみ』の違い

「めまい」と「ふらつき」と「立ちくらみ」は、それぞれ疲労や病気と関係ありそうな言葉ですが、その違いをしっかりと理解している人は少ないです。

今回はめまい・ふらつき・立ちくらみの違いをまとめました。

めまい

めまい

めまいは身体のバランスがとりにくくなる現象のことです。

めまいは立っていても、横たわっていても起きます。

症状としては、自分の身体がグルグル回っている、自分の身体がふわふわ浮いたように感じるなど、めまいの中にもいくつかの症状があります。

めまいと関係がある病気
  • 動脈循環不全
  • 脳卒中・脳梗塞・脳出血
  • 前庭神経炎
  • メニエール病
  • 突発性難聴
  • 聴神経腫瘍
  • 自律神経失調症

ふらつき

ふらつき

ふらつきは、足元がフラフラし平衡感覚がとりにくくなる現象のことです。

立っている状態で起きます。

ふらつきと関係がある病気
  • 脳梗塞
  • メニエール病
  • 低血圧症
  • 更年期障害
  • 自律神経失調症

立ちくらみ

立ちくらみ

立ちくらみは、座っている状態から立ち上がる時に、身体のバランスがとりにくくなる現象のことです。

立ちくらみと関係がある病気
  • 低血圧
  • 貧血
  • 自律神経失調症

まとめ

めまいは、身体の姿勢にかかわらず起きるもので、ふらつきは、立ち上がっている状態で起きます。

立ちくらみは、座っている状態から立ち上がった時に引き起こされます。

ふらつきはお酒を飲みすぎた酔っ払いに起こります。

立ちくらみが起こってふらつき、倒れ込んだままめまいが続くということもあります。

病院で自分の症状を伝えるときなど、適切な言葉を使えると医師とのコミュニケーションミスがなくなります。

この違いを覚えておいておきましょう。

ふわふわのめまいには危険な病気も|めまいの原因マニュアル

2016.02.23
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です