市販でおすすめ水虫薬の選び方とランキング【ドラッグストア徹底比較】

水虫薬おすすめランキング

めっちゃくちゃ足がかゆくて悩んでいる!たぶんそれは水虫です。

水虫は自然には治りませんので、有効成分が配合されている薬を使って治療しましょう。

水虫の市販薬はどれが良いのでしょうか?

今回は、ドラッグストアで購入できるおすすめ水虫薬の人気ランキングをまとめました。

水虫薬の選ぶ4つの比較ポイント

水虫薬選び方

効果の高い成分が含まれていること

水虫菌には、5つの有効な成分があります。

  1. ラノコナゾール
  2. 塩酸アモロルフィン
  3. 塩酸テルビナフィン
  4. 塩酸ブテナフィン
  5. ウンデシレン酸

これが薬に含まれているものをおすすめ水虫薬として、これらが含まれていないものは対象外としています。

この中でも、特に殺菌効果が高い『ラノコゾール』が使われているものを評価しています。

有効成分の濃度が1%以上あること

有効成分が少ししか配合されていないものは、あまりおすすめできません。

5つの有効な成分のラノコナゾール、塩酸アモロルフィン、塩酸テルビナフィン、塩酸ブテナフィン、ウンデシレン酸が1%以上含まれていない水虫薬は、今回の人気ランキングの対象外としています。

買い求めやすい値段であること

水虫はすぐ完治するものではありません。

継続して薬物治療の必要があるので、一般的に継続購入できる価格であるか、同じ成分なのに値段が20%以上違うこともあるので、値段はランキングに大きく反映させています。

口コミで評判が良いもの

薬の効き方は個人差がありますので、絶対に効果があるとは言い切れませんよね。

いろいろな良い口コミや悪い口コミなど、筆者が調べた情報から、ランキングに反映させています。

市販のおすすめ水虫薬の人気ランキング

第1位 ピロエースZ

有効成分:ラノコナゾール

残念ながら、ピロエースZも販売中止となってしまいました。殺菌効果のあるラノコナゾールが配合されていました。ピロエースWにはラノコナゾールは配合されていません。

ピロエースZが販売再開になりました。ピロエースWと間違わないように注意してくださいね。

第2位 ラミシールATクリーム

有効成分:テルビナフィン塩酸塩

有効成分のテルビナフィン塩酸塩が配合されていて、水虫やたむしの治療に効果を発揮します。塗り心地がさらさらしているので、ベタつきを嫌う人におすすめです。

他の同等の水虫薬よりお求め安い値段で販売されているところがおすすめです。

第3位 メディータム水虫クリーム

有効成分:ブテナフィン塩酸塩

有効成分のブテナフィン塩酸塩がしっかりと配合され、さらにかゆみ止めの成分でもあるリドカインが配合されています。用量が多いにも関わらず、他の同等の水虫薬よりお求め安い値段で販売されているところがグッドです。

1日1回患部に塗り続けましょう。塗り心地も良いです。

第4位 ブテナロックVαクリーム

有効成分:ブテナフィン塩酸塩

有効成分のブテナフィン塩酸塩の配合に加え、かゆみ止めの成分、クロルフェニラミンマレイン酸塩、ジブカイン塩酸塩、クロタミトンが配合されています。

またスーッとするメントールが配合されているので、スーッとした使用感が好きな人にはおすすめです。

第5位 エクシブ クリームe

有効成分:テルビナフィン塩酸塩

有効成分のテルビナフィン塩酸塩の配合に加えて、リドカイン、ジフェンヒドラミンのかゆみ止めの成分が配合されています。

水虫初期の足の指の間のグジュグジュの患部にはかゆみ止めが効くので、かゆみがつらい人におすすめです。

第6位 ラマストンMX2

有効成分:ブテナフィン塩酸塩

有効成分のブテナフィン塩酸塩の配合に加え、かゆみ止めの成分のリドカインが配合、かゆみを鎮めるDL-カンフルが配合されています。

1日1回患部に塗り続けましょう。塗り心地がさらさらしているので、ベタつきを嫌う人にはおすすめです。

第7位 ダマリングランデX

有効成分:テルビナフィン塩酸塩

有効成分のテルビナフィン塩酸塩の配合に加えて、イソプロピルメチルフェノール、グリチルレチン酸などの炎症を抑え殺菌する効果のある成分が配合されています。

またl-メントールが配合されているので、清涼感のあるスーッとした塗り心地がお好みの人にはおすすめです。

第8位 エクシブ ディープ10クリーム

有効成分:テルビナフィン塩酸塩

有効成分のテルビナフィン塩酸塩の配合に加えて、硬くなったかかとなどの角質をやわらかくし、テルビナフィン塩酸塩が浸透するように、尿素を配合しています。

趾間型(しかんがた)の水虫というより、水虫の症状が進行し、角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)の人はこれがおすすめです。

第9位 エフゲン

有効成分:ウンデシレン酸

角質の奥深くにある水虫菌の抗菌作用のある有効成分のウンデシレン酸が効果を発揮します。クリームが苦手な人に、この液体薬はおすすめですが、若干値段が高いのがネックです。

水虫の症状が進行し、角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)の人はこれがおすすめです。

液体水虫薬『エフゲン』の効果は?副作用や口コミを徹底分析!

2016.02.05

販売が中止されている市販薬

【販売中止】ウィンダム

有効成分:ラノコナゾール

残念ながら、販売中止となってしまいましたウィンダムですが、市販薬では、殺菌効果のあるラノコナゾールが配合されて、ダントツでおすすめしたい市販薬でした。

ラノコナゾール配合の水虫薬『ピロエースZ』は販売再開されました。

【販売中止】ダマリンエース

有効成分:塩酸アモロルフィン

有効成分の塩酸アモロルフィンもラノコナゾールに次ぐおすすめ成分でした。この塩酸アモロルフィンが配合されていた、ダマリンエースも残念ながら、販売中止になってしまいました。

塩酸アモロルフィン配合の水虫薬の販売が待ち遠しいです。

水虫薬おすすめランキング
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です