水虫菌が付着した靴下の洗濯は部屋干しで良いのか

水虫の靴下は『部屋干し』しても、健康的に問題ないのでしょうか?

この記事では水虫菌が付着した靴下の洗濯の方法を紹介します。

水虫菌が付着した靴下の洗濯の方法

1. アイロンを使う

洗濯前に、少し靴下を湿らせて、アイロンで殺菌しましょう。

水虫菌は60℃以上で殺菌できるので、アイロンで充分に殺菌できます。

アイロン後、通常通り洗濯しても、他の洗濯物に水虫菌が付着するなどの心配もありません。

日光にあてるよりも確実に水虫菌を殺菌できます。

2. 電子レンジを使う

靴下を少し湿らせて、サランラップなどで包み、1分程度レンジでチンしましょう。

電子レンジで、水虫菌を殺菌できます。

食べ物を温める場所に水虫菌の付着した靴下をチンするのは抵抗があるかもしれませんが、サランラップでしっかり包んでやれば問題ありません。

日光にあてるよりも確実に水虫菌を殺菌できます。

3. ファブリーズを使う

洗濯後の部屋干しする時に、乾く前にファブリーズを吹きかけるのも有効な手段です。

ファブリーズの中に配合されている、塩化ベンザルコニウムという化学物質が水虫菌を殺菌してくれるので、水虫靴下にも効果があります。

部屋干しの生乾きの嫌なニオイも、ファブリーズを吹きかけるだけで抑えられます。

4. 乾燥機を使う

水虫菌は湿度が高いと繁殖しますが、乾燥状態だと死滅します。

乾燥機は、高温で乾燥状態にして洗濯物を乾かすので、水虫菌をしっかり殺菌してくれます。

日光にあてるよりも確実に水虫菌を殺菌できるます。

水虫菌が付着した靴下から他の衣類に感染するのか?

洗濯機で、洗剤をしっかり使って洗濯すれば、水虫菌はほとんどが洗い流されるので、水虫がうつることはありません。

赤ちゃんの肌着と一緒に洗濯しても、赤ちゃんに水虫菌がついてしまうことはありません。

喫茶店のおしぼりなどは、レンジで殺菌しているお店もあるくらいですから、この裏技は普段からあらゆる人が使っているということですよね。

アイロンも、靴下にあててから洗濯すれば気持ち的にも安心できます。

わたし
ただし過信は禁物です。

今回紹介した裏技で徹底的に水虫菌を殺菌除菌することをおすすめします。

今回紹介させていただいたように、水虫菌は、アイロン、電子レンジ、ファブリーズ、乾燥機を使えば、部屋干しでも全く問題ないです。

ぜひ、今回紹介した裏技を試してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です