眠くならない花粉症のおすすめ市販薬 5選

花粉症-薬-眠くならない-おすすめ

花粉症の薬は眠くなるから、飲むのをためらった人もいるのではないでしょうか?

花粉症の薬の副作用は、眠気だけでなく、集中力が低下したり、口の中が渇いて苦しくなったりと良いことがありません。

ただ、最近は花粉症の薬も開発が進み、眠くなりにくい花粉症の薬があります。

今回は、眠気の副作用が少ない「眠くならない」花粉症の薬を紹介します。

眠くならない花粉症の薬のおすすめは?

眠い

花粉の症状を抑えるのには、抗ヒスタミン剤が含まれた、抗ヒスタミン薬が有効です。

これまで眠くなるといわれていた花粉症の薬は、「第一世代の抗ヒスタミン薬」です。

第一世代の抗ヒスタミン薬には、強い眠気を引き起こす副作用があります。

それ対し、最近では「第二世代の抗ヒスタミン薬」が開発され、販売されています。

第二世代の抗ヒスタミン薬は、眠気などの副作用がほとんどないのにも関わらず、花粉症の症状への効果は強いのでおすすめです。

今回は、第二世代の抗ヒスタミン薬の市販薬の中でもおすすめのものを紹介します。

眠くならない花粉症のおすすめ市販薬 5選

1. アレグラFX

第二世代の抗ヒスタミン薬です。眠くなりにくい花粉症の薬といえば、ドラッグストアではアレグラをすすめてもらうことになるでしょう。

アレグラはテレビCMも人気タレントを起用しているので、知名度が一気に高くなっており、ドラッグストアでも品薄になってしまう傾向があります。

副作用が最も少ない花粉症の薬の代表格なので、眠くならない花粉症の薬を探しているなら、ぜひアレグラを試してみてください。

2. ザジデンAL鼻炎カプセル

ザジテンAL鼻炎カプセルは、3つのはたらきをもつ第二世代の抗ヒスタミン薬ケトチフェンフマル酸塩を配合しています。

このザジテンも眠くなりにくい花粉症の薬の代表格です。

3. パブロン鼻炎カプセルZ

パブロン鼻炎カプセルは、鼻づまりに効果を発揮し、鼻のアレルギー症状を改善します。

また抗ヒスタミン作用でくしゃみ、鼻みずを緩和します。また抗炎症作用で花粉やハウスダストなどに過敏になっている鼻粘膜の反応をおさえて症状を改善します。

4. アレジオン

アレジオンは、第二世代の抗ヒスタミン成分に分類されるエピナスチン塩酸塩を配合したアレルギー専用の鼻炎症状改善薬です。

1日1回就寝前の服用で効きます。なお、花粉などの季節性のアレルギー性鼻炎症状に使用する場合は、症状が出始めたら早めに服用すると効果的です。

アレグラの方が眠くなりにくいのですが、アレジオンは持続性に優れていますので、持続性を重視するならアレジオンをおすすめします。

5. ロートアルガード鼻炎内服薬ZⅡ

ロートアルガード鼻炎内服薬ZⅡは、花粉・ハウスダストなどによる鼻みず・鼻づまり・くしゃみといったアレルギー性鼻炎症状にすぐれた効果を発揮します。

抗アレルギー作用と抗ヒスタミン作用を兼ね備え、かつ眠くなりにくい成分メキタジンを組み合わせています。

第二世代の抗ヒスタミン薬で、おすすめの鼻炎内服薬です。

まとめ 眠くならない花粉症の市販薬 おすすめ5選

レーザー治療がおすすめの人

いままで花粉症の薬で眠気に襲われたり口の渇きに悩まされていた方は、アレグラを購入してみてください。

個人的にもアレグラFXが、眠気などの副作用がいちばんでにくいと思います。

最近ではネットでも購入できるようになりましたが、テレビCMをするようになってから、品薄状態が懸念されますので、できるだけ早めに入手することをおすすめします。

【花粉症の薬まとめ】第二世代の抗ヒスタミン薬がおすすめ

2016.02.22
スポンサードリンク
花粉症-薬-眠くならない-おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です