【抗ヒスタミン薬の選び方】花粉症の目のかゆみにおすすめの飲み薬

花粉症-目のかゆみ-飲み薬

花粉症で目がかゆくなってしまうのは、ヒスタミンの過剰分泌が原因です。

花粉症の薬のなかでも、抗ヒスタミンの飲み薬で対処することをおすすめします。

抗ヒスタミン薬の選び方や、花粉症の目のかゆみにおすすめの飲み薬をまとめました。

花粉症で目がかゆくなる原因

花粉が体内に侵入してしまう

花粉症のアレルギー反応の原因は、花粉が体内に侵入してしまうからです。

花粉が体内に侵入すると、カラダが拒否反応を起こします。

これがアレルギー反応として目がかゆくなってしまうのです。

具体的に説明すると、花粉が体内に侵入すると、アレルギー反応により、ヒスタミンという成分が過剰に分泌されます。

このヒスタミンの過剰分泌は、花粉を体内から排出しようとする働きがあります。

つまり目のかゆみは、このヒスタミンの過剰分泌が原因です。

目がかゆくなる原因はヒスタミンの過剰分泌

ヒスタミンの過剰分泌を抑えることが、目のかゆみを抑える有効な手段となります。

そのためには、ヒスタミンの過剰分泌を抑える抗ヒスタミン薬がおすすめです。

ただ抗ヒスタミン薬といっても種類がたくさんあります。

具体的には、『第一世代の抗ヒスタミン薬』と『第二世代の抗ヒスタミン薬』があります。

抗ヒスタミン薬の選び方

第一世代の抗ヒスタミン薬は副作用が強い

第一世代の抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンの付着や刺激を抑える特徴があります。

有効成分は、クロルフェニラミンや、ジフェンヒドラミンです。

即効性に優れていますが、眠気や口の渇きなどの副作用が強いという問題もあります。

エスタック、コルゲンコーワなどが第一世代の抗ヒスタミン薬として知られています。

第二世代の抗ヒスタミン薬は副作用が少ない

第二世代の抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンの付着や刺激を抑えながら、ヒスタミンの過剰分泌を抑える特徴があります。

有効成分は、アゼラスチン、エピナスチン塩酸塩、エメダスチン、ケトチフェン、フェキソフェナジン、セチリジン、メキタジンです。

これらは、第一世代の抗ヒスタミンと同じような効果が期待できるにもかかわらず、眠気や口の渇きなどの副作用が少ないというメリットがあります。

アレグラ、アレジオンなどが第二世代の抗ヒスタミン薬として知られています。

わたし
つまり、花粉症でめのかゆみがひどい時は、第二世代の抗ヒスタミン薬を選ぶことをおすすめします。

花粉症の目のかゆみにおすすめの抗ヒスタミン薬

花粉症の目のかゆみを抑えるには、第二世代の抗ヒスタミン薬がおすすめです。

アレジオン

アレジオンは、第二世代の抗ヒスタミン成分に分類されるエピナスチン塩酸塩を配合したアレルギー専用の薬です。

アレジオンは、ヒスタミン等の作用を阻害するとともに、放出自体を抑えることでアレルギーによる鼻炎症状にすぐれた効果を発揮します。

アレジオンは、持続性が非常に長いのが特徴です。

1回1錠で効き目が続きます。眠気な口の渇きなどの副作用も少ないので、おすすめです。

タレントの『木村文乃さん』がCM起用されています。

市販もされているので、お近くのドラッグストアなどで、品薄になる前に購入されることをおすすめします。

アレグラFX

アレグラは、フェキソフェナジンを配合した第二世代の抗ヒスタミン薬です。

2012年にスイッチOTCに指定された人気の薬で、嵐の『大野智さん』がCM起用されています。

アレグラは、特に副作用が非常に少ないのが特徴です。

人気なので、花粉症シーズンは、ドラッグストアでも品薄になる可能性があります。

持続性は先ほど紹介したアレジオンの方が長いのですが、副作用に悩まされている人は、アレグラをおすすめします。

アレルビ

アレルビは、第二世代の抗ヒスタミン成分に分類されるフェキソフェナジンを配合したアレルギー専用の薬です。

アレルビは、1回1錠、1日2回の服用で鼻のアレルギー症状による鼻みず、鼻づまり、くしゃみなどのつらい症状を緩和します。

眠くなりにくく、口の渇きも少ない新しい薬です。

エスタック

エスタックは、クロルフェニラミンを配合した第一世代の抗ヒスタミン薬です。

眠くなりやすく、口の渇きの心配はあります。

エスタックは、特に即効性が高いのが特徴です。

副作用のリスクがあるけど、即効性が高い抗ヒスタミン薬を探している人におすすめです。

持続性で選ぶか副作用で選ぶか

納得1

花粉症の目のかゆみの原因は、ヒスタミンの過剰分泌によるものです。

花粉症の飲み薬は種類がたくさんありますが、

できれば第二世代の抗ヒスタミン薬の服用がおすすめです。

その中でも、アレジオンとアレグラがとても人気です。

わたし
少しでも持続性が長いのが良いなら『アレジオン』、副作用が非常に少ないのが良いなら『アレグラ』がおすすめです。

ネットでも購入できますし、ドラッグストアでも購入できます。

花粉症シーズンには品薄になるので、できるだけ早めに購入してくださいね。

花粉症の目のかゆみで悩む人には、目薬(点眼液)も用意することをおすすめします。

こちらで花粉症の目のかゆみを抑えるおすすめの目薬を紹介していますので、もしよければチェックしてみてください。

花粉症の目のかゆみ対策!目のかゆみを抑えるおすすめの目薬

2015.12.08

花粉症の目のかゆみについて、まとめました。ぜひこちらもチェックしてみてください。

【花粉症の目のかゆみ】すぐ役立つ完全対応マニュアルまとめ

2016.02.21
花粉症-目のかゆみ-飲み薬
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です