二日酔い対策に効果のある9つの成分とは

二日酔い対策の成分

二日酔いは頭痛のズキズキ、吐き気のムカムカで、本当に嫌なものです。

二日酔いに効果のある成分を知っておけば、飲んでいる最中のおつまみ選びなどに役に立ちますよね。

今回は、二日酔い対策に効果のある成分を紹介します。

二日酔いに効果がある成分

成分2

オルニチン

しじみ

オルニチンはしじみに多く含まれている成分です。オルニチンの効果は有害なアンモニアを、無害な尿素に代謝します。

その他に肝臓の働きを保全したり、肝臓でのタンパク質合成を高める働くをするなど、肝臓の働きをサポートするのには良い成分です。二日酔いの対策にはとても効果がある成分です。

クルクミン

カレー

クルクミンはカレー粉に多く含まれている成分です。クルクミンの効果は肝臓の解毒機能を強化したり、胆汁の分泌を促進するなど肝機能を向上させたり、コレステロール値を低下させます。

カレー粉に含まれていますが、市販の日本カレーにはクルクミンが少ないので、できればインドカレーなどの粉を使うようにしましょう。

スルフォラファン

ブロッコリー

スルフォラファンは、ブロッコリーやキャベツなどの野菜に含まれています。

肝臓の解毒機能を強化するなど、肝臓の働きを高め、肝機能の改善や強化改善に効果があります。

アラニン

はまぐり

アラニンはレバーや貝類に多く含まれています。肝機能を強化し、肝臓の修復したり、アルコールの分解を促進する効果を持ち合わせています。

肝臓の働きをサポートするのに欠かせない成分です。

タンニン

柿

タンニンは、柿に多く含まれています。体内でアセトアルデヒドを吸着して、体外に排出するので、二日酔いを防止する効果があります。

アセトアルデヒドの分解を促進させる働きをするので、二日酔いの対策にはもってこいの成分です。

タウリン

カキ

タウリンは、カキ、イカ、タコなど貝類、魚貝類に多く含まれていて疲労回復に効果があります。

また壊れた肝細胞の修復、肝機能強化、肝臓の炎症を抑えるなど、肝臓の働きをサポートするのに非常に重要な成分です。

Lシステイン

成分

Lシステインは、ほとんどの食品には含まれていません。豚肉やたまごに含まれる「メチオニン」という必須アミノ酸が体内で「Lシステイン」を作ります。

Lシステインは、シミ防止などの美容効果やアンチエイジング効果もあるといわれている成分で、アセトアルデヒドの濃度の増加を抑えるという二日酔いの原因を抑える効果があります

リコピン

トマトジュース

リコピンは、トマトジュースに多く含まれています。

アセトアルデヒドの作用を抑える働きがあるだけでなく、アルコールで荒れた胃の粘膜を修復する働きがあるので、胃のムカムカを抑えてくれる効果があります。

ピクリン酸

梅干

ピクリン酸は、梅干に多く含まれています。肝臓でアセトアルデヒドの分解や、肝細胞の活性化をします。

また全身の新陳代謝を活発にする働きがあります。

サプリ選びの参考に!

いかがですか?これらの成分を覚えておくと、サプリメント選びなんかにも参考になりますよね。

二アルコールと上手につきあうためにも、こういう知識を活かして万全な準備を整えてくださいね!


また、海外では医薬品としても使用されている、発酵大麦エキス『コメコサノール』が入ったサプリメント『ekas』もおすすめです。

ネットで1900円で購入できる二日酔い対策として、ぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク
二日酔い対策の成分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。