【二日酔いには頭痛薬が効かない】その原因とは

二日酔いには、頭痛薬の効果が効かないことが多いようです。

なぜなのでしょうか?

今回は二日酔いに頭痛薬が効かない原因を調べてみました。

二日酔いの原因

頭痛

アセトアルデヒドという物質

お酒を飲みすぎると、アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解されます。

その後、水と二酸化炭素に分解され体外に排出されます。

このアセトアルデヒドは毒性が強いため、アセトアルデヒドの分解が間に合わないと、頭痛などの二日酔いの症状を引き起してしまいます。

これが頭痛の原因です。

頭痛薬が効かない原因

二日酔いの頭痛で、頭痛薬が効かない原因はなんなのでしょうか?

これは、肝臓の機能が低下していることが原因と考えられます。

頭痛薬は、痛みを緩和されるのと同時に、肝臓に大きな負担をかけます。

肝臓に大きな負担をかけながらも、肝臓はアセトアルデヒドという物質の分解を優先させ、薬の効き目が弱くなることもあります。

頭痛の原因にもよりますが、肝臓の機能が低下しているだけでなく、水分不足なども考えられるので、水分補修をしっかりしましょう。

二日酔いの頭痛に最優先させるべき対処法

ズキズキする頭痛にはコーヒー

二日酔いのひどいズキズキする頭痛だった場合は、少量のコーヒーを飲んでみましょう。

コーヒーのカフェインで血管収縮作用により頭痛が緩和されます。

ただしコーヒーは頭痛の軽減目的ではおすすめですが、脱水症状をさらにひどくしてしまいます。

加えてカフェインが抜けた後には血管収縮作用がなくなってしまい、さらにひどい頭痛にみまわれることがあります。コーヒーは大量に飲むのではなく、少量にしておいてください。

二日酔いには大量の水分補給

二日酔いは脱水症状を起こしやすく、新陳代謝が下がる可能性があります。

身体が乾いている状態だとアルコールが抜けるのにも時間がかかりますのでなるべく多くの水分を補給しましょう。大量の水を飲むことをおすすめします。

ただし胃が荒れている可能性がありますので、冷たい水はを大量に飲むと、胃に大きな負担をかけてしまいます。

できる限り常温の水を飲むようにしましょう。

二日酔いには肝臓に良い食べ物を

しじみと味噌汁の大豆には、良質のたんぱく質を含み造血作用のあるビタミンB12、 肝機能を向上させるタウリンなど、肝臓に良い成分が多く含まれています。

しじみ汁は、二日酔いの症状には絶好の食べ物ですし、水分の補給もできます。また温かい飲み物なので胃に負担が少ないのもおすすめのポイントです。

二日酔いには糖分も

あなたの肝臓はアセトアルデヒドの分解をするのに大量の水分が必要になります。ただしアルコールには利尿効果がありあなたは脱水症状になりやすい状態です。

そのために水分を補給した方がいいのですが、同時にあなたの身体は低血糖になりやすい状態なので、スポーツドリンクで糖分を補給しましょう。

スポーツドリンクは、水分も補給しながら低血糖症の状態を防ぐことができます。

頭痛薬の前にやれることをしっかりと

二日酔いの頭痛に頭痛薬が効かないのは、肝臓の働きが低下していることが原因です。

頭痛薬は肝臓を傷めるので、アルコールを分解している肝臓に、頭痛薬は大きな負担を与えてしまいます。

二日酔いの時には頭痛薬はあまり服用はしないようにしましょう。

二日酔いの対処は、頭痛薬ではなく、コーヒー、ミネラルウォーター、しじみ汁、スポーツドリンクがおすすめです。

ロキソニンSは、速効性とすぐれた効き目が特徴の解熱効果のある頭痛薬です。

我慢できない頭痛の場合の最終手段として、ロキソニンSなどの頭痛薬を使用しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です