薬の副作用による「めまいや吐き気」|チェックすべきこと

薬の副作用で「めまい」や「吐き気」が引き起こされていることがあります。どんな時に引き起こされるのでしょうか?

今回は、薬の副作用で引き起こされた時の確認すべきことをまとめました。

 

薬で副作用と思われたら確認すること

医師1

1. 薬の過剰摂取が原因

もし、あなたが医師から処方された薬を服用しているのであれば、適量を服用しているか確認してください。用量用法が守られていないなどで、もし薬の過剰に摂取してしまった場合は、「めまい」や「吐き気」などの思わぬ副作用を引き起こすことがあります。薬をたくさん飲めば、即効性があり効果が持続するということはありませんから、指示通りの方法で、指示通りの量を飲むようにしてください。

 

2. 薬の過剰摂取が原因ではない場合

薬の過剰摂取が原因ではないのであれば、いま服用している薬自体の問題の可能性が高いと考えられます。

またあなたの体調が大きく変化したことが考えられます。

この場合は、早急に医師と相談してください。服用をやめる、他の薬に変更するなど指示してもらいましょう。また他の病院で診察を受けることになった場合は、服用している種類などを医師にしっかり伝えておけば、このような問題は起こりにくくなりますので、しっかり把握しておいてください

 

まとめ

まとめめまい

薬の副作用で思わぬ症状が見られた時は、直ちに医師に相談しましょう。薬の副作用でめまいや吐き気の症状が出ることがあるのは、薬の服用を過剰にしてしまったり、自分自身の身体に薬が合わない結果で、副作用が引き起こされている可能性が高いです。

薬による副作用は、過剰摂取が原因のことがほとんどですが、稀にご自身の体調の変化や、薬が身体にあわないこともあります。薬による副作用が引き起こされたと感じたら、直ちに医師に相談してください。

原因がわからないのは危険!めまいと吐き気の併発まとめ

2016.03.04
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です