AGAの治療薬『プロペシア』や『サガーロ』の効果と副作用

AGAの治療薬『プロペシア』や『サガーロ』の効果と副作用

男性型脱毛症(AGA)には、プロペシアなどの治療薬が代表的で、薄毛治療に効果があるとして厚生労働省に認可されており、薄毛専門のクリニックで処方してもらえます。

ただし、プロペシアをはじめとしたAGAの治療薬には、性欲減退などの副作用が懸念されています。

今回は、AGAの治療薬の効果や副作用についてまとめました。

男性型脱毛症(AGA)とは

男性型脱毛症とは、AGA(Androgenetic Alopecia)のことで、成人男性の髪が薄くなる症状です。

日本では1,260万人が男性型脱毛症といわれており、約800万人が男性型脱毛症に悩んでいるといわれています。

男性型脱毛症は、非常にゆっくりと進行していくのが特徴で、おでこの生え際や頭頂部に脱毛症状が認められます。

おでこの生え際の薄毛は『M字ハゲ』、頭頂部の薄毛は『O字ハゲ』と表現されることが多いです。

男性型脱毛症の原因

男性型脱毛症は、遺伝や男性ホルモンの影響が原因で、髪が抜け落ちていきます。

男性ホルモンは、『5αリダクターゼ』という酵素と結合し、『DHT(ジヒドロテストステロン)』という強力な成分に変換されます。

この『DHT(ジヒドロテストステロン)』が皮脂を大量に分泌させてしまうことで、毛穴を塞いでしまい、毛母細胞の分裂を邪魔することで、毛周期を崩してしまします。

この結果、髪が成長期に入れず、太くて丈夫な髪の毛になる前に、休止期に入ってしまうことで薄毛の原因になってしまうのです。

つまり、男性型脱毛症は、『5αリダクターゼ』という酵素が男性ホルモンと結合することでできる『DHT(ジヒドロテストステロン)』が原因で、引き起こされます。

男性型脱毛症の治療

男性型脱毛症には、フィナステリドという成分を主成分にしたプロペシアというAGA治療薬を使用することが、薄毛治療に有効といわれています。

プロペシアは薄毛専用のクリニックで処方される処方薬です。

また近年では、デュタステリドという成分を主成分にしたサガーロという新しいAGA治療薬も開発・認可されています。

プロペシアもサガーロも、『DHT(ジヒドロテストステロン)』による皮脂の分泌を大量にする働きを抑制するために、男性ホルモンと『5αリダクターゼ』という酵素の結合を阻害します。

これにより抜け毛を防ぎ、髪の成長をサポートすることで、育毛に効果が期待できます。

さらに、薄毛の治療に有効といわれているミノキシジルを主成分にし、日本でも大正製薬が『リアップ』として販売されています。

ミノキシジルは、頭皮の血流を改善し、毛母細胞の活性化を促すことで、薄毛の治療に効果が期待できます。

プロペシアとは

プロペシアとは、アメリカのメルク社によって開発されたAGA薬です。

プロペシアの効果

プロペシアは、フィナステリドという成分を主成分にしていて、抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する作用があります。

プロペシアを1年間投与した検証で、薄毛の進行を抑えることができた人は98%という結果もあります。

プロペシアは、男性型脱毛症の最も代表的な薬として知られています。

プロペシアの副作用

プロペシアには、勃起不全(ED)、男性不妊症、乳房が大きくなる、頭痛、眠気など副作用も報告されています。

特に子供を望んでいる場合は、プロペシアの服用を中止するケースが非常に多く、医師も不妊治療をしている人にはあまり処方していません。

プロペシアの値段

プロペシアは、保険適用外の処方薬のため、比較的に高額です。

プロペシアは、薄毛専門のクリニックで30錠で約7,000円前後で処方されます。

サガーロとは

ザガーロとは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社によって開発され、2015年9月に厚生労働省の認可がおりた最新のAGA薬です。

サガーロの効果

サガーロは、デュタステリドという成分を主成分にしていて、プロペシアと同じくDHTを増殖させる5αリダクターゼを阻害し、抜け毛を防ぐ作用があります。

サガーロには、脱毛している部分に、太くて長い毛の本数が増えることが検証によって確認されており、プロペシアより高い効果が期待できると注目されています。

サガーロの副作用

サガーロにも、勃起不全(ED)、精子量の減少、精巣腫脹、乳房が大きくなる、頭痛などの副作用が報告されています。

プロペシアと同じく子供を望んでいる場合はサガーロの服用を中止するケースが非常に多く、医師も不妊治療をしている人にはあまり処方していません。

サガーロの値段

サガーロは、保険適用外の処方薬のため、比較的に高額です。

プロペシアよりも高額で、サガーロは、薄毛専門クリニックで30錠で約11,000円前後で処方されます。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、アメリカのアップジョン社によって、薄毛の治療薬として認可された薬です。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルには、血流を改善して毛根の細胞を活性化させる作用があります。

つまりミノキシジルを頭皮に塗布すると、太くて強い髪の毛に成長させることができるので、育毛効果が期待できます。

ミノキシジルは、市販されている大正製薬の育毛剤『リアップ』の主成分として使われています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用で報告されているのは、皮膚炎症、めまい、動悸、性欲減退です。

プロペシアやサガーロよりは副作用の報告件数は少ないようですが、ミノキシジルの副作用を訴える人がいるのは事実としています。

ミノキシジルの値段

ミノキシジルは、大正製薬のリアップとして市販されています。

Amazonや薬局で7,500円前後で購入できます。

副作用が少ないおすすめの育毛剤

プロペシアやサガーロやミノキシジルの副作用で、特に懸念されるのは、精力減退や勃起不全(ED)です。

これらの副作用がない育毛剤を紹介します。

フィンジア

フィンジアの商品詳細

『フィンジア』の価格・成分・購入情報
単品税込価格12,800円
定期税込価格9,980円
有効成分キャピキシル
ピディオキシジル
カプサイシン
容量50ml
購入層20代〜40代の男性
リピート購入率
返金保証あり
おすすめ対象AGA治療を試みたが思うような結果が得られなかった人や、髪のコシが無くなってきた人におすすめ。

当サイトのフィンジアの評価

当サイトの『フィンジア』の評価
価格評価
成分評価
口コミ評価
総合評価

フィンジアをおすすめする理由

フィンジアは、スカルプケアで注目されている『キャピキシル』と『ピディオキシジル』が配合されている育毛剤です。

『キャピキシル』と『ピディオキシジル』は、リアップでも使われている『ミノキシジル』より高い効果が期待でき、さらにフィンジアに配合されているカプサイシンで、毛穴の柔らかくし開かせた状態で育毛の有効成分を浸透できます。

フィンジアは、口コミ評判も良く、精力減退や多毛症などの副作用も心配ありません。

フィンジアの使用は、プッシュすると勢いよく飛び出るので、頭皮に直接塗布してマッサージできるから、毎日続けられそうです。

またフィンジアのリピート購入率は、他の育毛剤と比べても非常に高く、満足度が高いです。

フィンジアは、注目の成分『キャピキシル』と『ピディオキシジル』を高濃度で使用している育毛剤です。

男性型脱毛症(AGA)で悩んでいる人や、おでこの生え際が気になっている人にイチオシの育毛剤です。

チャップアップ

チャップアップの商品詳細

『チャップアップ』の価格・成分・購入情報
単品税込価格7,400円
定期税込価格9,090円
(5,980円のサプリセット)
有効成分M-034
センブリエキス
グリチルリチン酸
ジフェンヒドラミンHC
容量120ml
購入層30代〜40代の男性
リピート購入率
返金保証あり
おすすめ対象どんな薄毛タイプにも対応可能。比較的男性におすすめ。

当サイトのチャップアップの評価

当サイトの『チャップアップ』の評価
価格評価
成分評価
口コミ評価
総合評価

チャップアップをおすすめする理由

チャップアップは、リアップでも使われている『ミノキシジル』と同程度の効果が期待できる『M-034』が配合されている育毛剤です。

チャップアップは、定期購入の解約の縛りが無く、さらには永久返金保証がついているので、育毛剤人気ランキングで上位にランクインしています。

チャップアップは、香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、シリコンを使っていません。

また、チャップアップは、精力減退や多毛症などの副作用も心配ありません。

チャップアップの使用は、プッシュすると勢いよく飛び出るので、頭皮に直接塗布してマッサージできるから、毎日続けられそうです。

チャップアップが、他の男性用育毛剤と比較して20代の購入が多いのは、定期購入のしやすさや永久返金保証があるからでしょう。

チャップアップは、どのタイプの薄毛にも効果が期待できるので、はじめて育毛剤を購入する人におすすめの育毛剤です。

エヴォルプラス

エヴォルプラスの商品詳細

『エヴォルプラス』の価格・成分・購入情報
単品税込価格6,480円
定期税込価格初回3,240円
有効成分桑白皮エキス
容量60ml
購入層50代〜60代の男性
リピート購入率
返金保証あり
おすすめ対象髪全体が薄い人、前頂部が薄い人、髪質が変わった人におすすめ。

当サイトのエヴォルプラスの評価

当サイトの『エヴォルプラス』の評価
価格評価
成分評価
口コミ評価
総合評価

エヴォルプラスをおすすめする理由

エヴォルプラスは、注目の漢方薬『桑白皮エキス』が配合されている育毛剤です。

桑白皮エキスは、毛周期のサイクルを短くし、男性型脱毛症の原因酵素『5αリダクターゼ』の働きを抑えるので、男性型脱毛症の人にも効果が期待できます。

またエヴォルプラスは、漢方薬なので、精力減退や多毛症などの副作用も心配ありません。

エヴォルプラスは男性型脱毛症の人に効果が期待できるので、他の治療薬や育毛剤の副作用が気になる人におすすめの育毛剤です。

LpLp(ルプルプ)

LpLpの商品詳細

『LpLp』の価格・成分・購入情報
単品税込価格6,458円
定期税込価格初回980円
有効成分フコダイン
容量150ml
購入層30代以降の男女
リピート購入率
返金保証なし
おすすめ対象前頭部(おでこ周り)が気になる人や遺伝だと諦めている人におすすめ。

当サイトのLpLpの評価

当サイトの『LpLp』の評価
価格評価
成分評価
口コミ評価
総合評価

LpLpをおすすめする理由

LpLpは、タカラバイオ社との共同開発により特許を取得している『フコイダン』成分を配合した育毛剤です。

フコダインは、昆布のヌルヌルした部分のぬめり成分で、毛髪を成長させるのに有効な成分であることが確認されています。

LpLpは、精力減退や多毛症などの副作用も心配ありません。

LpLpは150mlと他の育毛剤と比べても大容量で、1回の使用は7プッシュとかなりの量を使います。それでも1ヶ月では使い切れないくらいなので、量を気にすること無く、ガンガン使えるのが良いですね。

LpLpは、男性型脱毛症の人に効果が期待できる大容量のおすすめの育毛剤です。

M-1育毛ミスト

M-1育毛ミストの商品詳細

『M-1育毛ミストの成分表記』の価格・成分・購入情報
単品税込価格9,800円
定期税込価格9,000円
有効成分加水分解酵母
容量200ml
購入層30代〜50代の男性
リピート購入率
返金保証あり
おすすめ対象どんな薄毛タイプにも対応可能。年齢や性別を問わず、薄毛や抜け毛、髪のハリやコシ、フケやかゆみに対応。

当サイトのM-1育毛ミストの評価

当サイトの『M-1育毛ミスト』の評価
価格評価
成分評価
口コミ評価
総合評価

M-1育毛ミストをおすすめする理由

M-1育毛ミストは、世界的な毛髪業界の研究者が集まる会議で最優秀賞を受賞するなど注目されている育毛剤です。

テレビや新聞などのメディアでも多く取り上げられているのには、完全にノンアルコールで頭皮にダメージがなく、水のような使用感なのに、毛乳頭細胞を刺激し髪の成長をサポートするというところです。

M-1育毛ミストは、精力減退や多毛症などの副作用も心配ありません。

M-1育毛ミストの使用は、添加物も一切使っていないので、ベタつかない使用感に対する評価が高い育毛剤です。

AGA治療におすすめの薄毛専用クリニック

バイオテック

発毛・育毛専門サロン

バイオテックでは、無料体験ができる発毛育毛専用のサロンです。

WEBから申し込むと、カウンセリングと頭皮チェックが、すべて無料で受けることができます。

バイオテックは、カウンセリングだけでなく、頭皮チェックや毛穴ケアなど総合的にサポートしてくれます。

無料にもかかわらず、バイオテック独自のもみだしは、本当に気持ちが良く、頭皮をしっかりチェックできるし、強引な営業などは一切ありません。

薄毛が気になったら一度、無料体験をWEBから申し込むことをおすすめします。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは、発毛・育毛治療に特化したAGA治療専門病院です。

初回は無料のカウンセリングがあるので、気軽に相談できます。

AGAスキンクリニックは、月4,200円~薬で手軽に治療をはじめられる安いプランも用意されています。

またドクター施術による本格的な発毛治療も用意されているので、ぜひ一度相談してみてください。

新宿メディカルクリニック

男性LP

新宿メディカルクリニックは、新宿駅近くの薄毛治療専門のクリニックです。

初回は無料のカウンセリングがあるので、気軽に相談できます。

新宿メディカルクリニックは、治療範囲と治療期間と料金目安を事前に教えてくれ、30日間全額返金保証があるので、安心して相談できます。

銀座総合美容クリニック

AGA

銀座総合美容クリニックは、新橋駅から徒歩1分で行ける頭髪医療専門のクリニックです。

初回は無料のカウンセリングがあるので、気軽に相談できます。

必要に応じてプロペシアの処方だけも対応してくれるので、薄毛に悩んでいる男性におすすめです。

AGA治療薬と副作用は不妊治療の天敵

不妊治療

AGAの治療薬(男性型脱毛症の治療薬)は、子供を望む人にとっては、非常にやっかいな副作用があります。

薄毛の専門治療をするクリニックの医師も不妊治療をしている人には、プロペシアなどの治療薬を見送るケースが多いです。

実際にアメリカでは、プロペシアの服用が原因で勃起不全(ED)になったと主張し、プロペシアの開発会社のメルク社を、複数の集団が訴訟を起こしているようです。

また、サガーロはプロペシアよりも高い効果が期待されていますが、実はサガーロが認可されているのは、日本と韓国だけで、アメリカではサガーロは認可されていない薬です。

このようにAGAの治療薬には、副作用が懸念されるので、特に不妊治療をしている人は、AGAの治療薬を見送り、副作用のない育毛剤で頭皮ケアすることをおすすめします。

スポンサードリンク
AGAの治療薬『プロペシア』や『サガーロ』の効果と副作用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です