30代のM字ハゲに悩む人におすすめの育毛剤とは

30代のM字ハゲに悩む人におすすめの育毛剤とは

30代という若さで禿げるなんて絶対に嫌ですよね。

30代という若さなら、なんとか対処できますから、M字ハゲの原因を理解し、早めに対処しましょう。

今回は30代のM字ハゲに悩む人におすすめの育毛剤を紹介します。

30代男性のM字ハゲとは

M字ハゲとは

典型的な男性型脱毛症

M字ハゲとは、額の生え際の両端部分から、脱毛症状が進む現象です。

これは典型的な『男性型脱毛症』の症状です。

額の生え際が、アルファベットの『M』の字に似ていることから、『M字ハゲ』といわれます。

M字ハゲは、髪をかきあげなければ、額部分は隠れるので、周囲の人も気づきにくいです。

M字ハゲ(男性型脱毛症)は、『5αリアクターゼ』という酵素を多く持っている人がなりやすいのですが、この酵素は遺伝によって受け継がれる傾向があります。

ただ、30代男性であれば、まだ完全に毛根が死んでいるわけではないので、間に合います。

諦めることなく、しっかり対策することで、抜け毛を抑え、男性型脱毛症の進行を遅らせることは可能です。

DHTの働きを抑える必要がある

M字ハゲは、男性型脱毛症の症状で、男性ホルモンが毛根部にある『5αリアクターゼ』という酵素と結びついて、『ジヒドロテストロン(通称:DHT)』という抜け毛の原因の男性ホルモンの働きが原因です。

この『DHT』は、毛根部の皮脂を発生させてしまい、健全な髪の成長を阻害するだけでなく、抜け毛の原因にもなります。

つまりM字ハゲの対策は、男性ホルモンと5αリアクターゼの結びつきを防いだり、DHTの働きを抑えなければ、意味がありません。

ですから、DHTの働きを抑えずに、いくら毛穴ケアや頭皮環境を整えても、太くて丈夫な髪の毛は育ちません。

30代の男性は、まだDHTの働きを抑えて、ヘアケアすれば、間に合います。

育毛剤選びは、特に『DHTの働きを抑える効果があるもの』を選びましょう。

DHTの働きを抑える成分

『ジヒドロテストロン(通称:DHT)』という抜け毛の原因の男性ホルモンの働きを抑える成分は、以下です。

  • キャピシル(ミノキシジルの3倍の効果で副作用がない)
  • ミノキシジル
  • M-034(副作用が少ない)
  • 桑白皮エキス(5αリアクターゼを抑える)
  • フィナステリド(プロペシア)
  • デュタステリド(サガーロ)

DHTの働きを抑える代表的な成分は、ミノキシジルです。

ミノキシジルは、あの有名な育毛剤のリアップにも配合されている成分です。

ただし、ミノキシジルは、性欲減退やだるさなどの副作用があることがわかっており、薄毛対策をする男性の悩みのタネになっています。

またフィナステリド(プロペシア)と、デュタステリド(サガーロ)は、医師による処方が必要なので、薄毛対策のクリニックに行く必要があります。

ただ、こちらも精力減退などの副作用が心配されており、不妊治療を望んでいる人は服用をやめることを医師にすすめられます。

参考:AGA治療薬(プロペシア・サガーロ)の効果と副作用

30代男性であれば、結婚を考えたり、子供を考える年代ですよね。ましてや仕事もバリバリしないといけない年代です。

精力減退やだるさといった副作用は、絶対に避けたいですよね。

DHTの働きを抑え、副作用の心配がない成分というと、キャピシル、M-034 、桑白皮エキスです。

30代男性のM字ハゲに悩む人には、キャピシルM-034桑白皮エキスが配合された育毛剤を選んでください。

30代男性のM字ハゲに悩む人におすすめの育毛剤

育毛剤比較

M字ハゲは、男性型脱毛症の典型的な例なので、ジヒドロテストロン(通称:DHT)という男性ホルモンの働きを抑える成分が高濃度で配合されている育毛剤を使いましょう。

当サイトでは、男性用育毛剤を取り寄せ、『価格・成分・口コミ』など、実際に分析しレビューしました。

キャピシル配合のフィンジア

フィンジアの商品詳細

『フィンジア』の価格・成分・購入情報
単品税込価格12,800円
定期税込価格9,980円
有効成分キャピキシル
ピディオキシジル
カプサイシン
容量50ml
購入層20代〜40代の男性
リピート購入率
返金保証あり
おすすめ対象AGA治療を試みたが思うような結果が得られなかった人や、髪のコシが無くなってきた人におすすめ。

当サイトのフィンジアの評価

当サイトの『フィンジア』の評価
価格評価
成分評価
口コミ評価
総合評価

フィンジアをおすすめする理由

フィンジアは、スカルプケアで注目されている『キャピキシル』が配合されている育毛剤です。

『キャピキシル』は、リアップでも使われている『ミノキシジル』より高い効果が期待できます。

フィンジアは、口コミ評判も良く、精力減退や多毛症などの副作用も心配ありません。

フィンジアの使用は、プッシュすると勢いよく飛び出るので、頭皮に直接塗布してマッサージできるから、毎日続けられそうです。

フィンジア

またフィンジアのリピート購入率は、他の育毛剤と比べても非常に高く、満足度が高いです。

注目の成分『キャピキシル』を高濃度で使用しているフィンジアは、男性型脱毛症(AGA)で悩んでいる人や、おでこの生え際が気になっているM字ハゲの人にイチオシの育毛剤です。

M-034配合のチャップアップ

チャップアップの商品詳細

『チャップアップ』の価格・成分・購入情報
単品税込価格7,400円
定期税込価格9,090円
(5,980円のサプリセット)
有効成分M-034
センブリエキス
グリチルリチン酸
ジフェンヒドラミンHC
容量120ml
購入層30代〜40代の男性
リピート購入率
返金保証あり
おすすめ対象どんな薄毛タイプにも対応可能。比較的男性におすすめ。

当サイトのチャップアップの評価

当サイトの『チャップアップ』の評価
価格評価
成分評価
口コミ評価
総合評価

チャップアップをおすすめする理由

チャップアップは、リアップでも使われている『ミノキシジル』と同程度の効果が期待できる『M-034』が配合されている育毛剤です。

チャップアップは、香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、シリコンを使っていません。

チャップアップは、精力減退や多毛症などの副作用も心配ありません。

チャップアップの使用は、プッシュすると勢いよく飛び出るので、頭皮に直接塗布してマッサージできるから、毎日続けられそうです。

チャップアップ

チャップアップが、他の男性用育毛剤と比較して20代の購入が多いのは、定期購入のしやすさや永久返金保証があるからでしょう。

チャップアップは、はじめて育毛剤を購入する人におすすめの育毛剤です。

桑白皮エキス配合のエヴォルプラス

エヴォルプラスの商品詳細

『エヴォルプラス』の価格・成分・購入情報
単品税込価格6,480円
定期税込価格初回3,240円
有効成分桑白皮エキス
容量60ml
購入層50代〜60代の男性
リピート購入率
返金保証あり
おすすめ対象髪全体が薄い人、前頂部が薄い人、髪質が変わった人におすすめ。

当サイトのエヴォルプラスの評価

当サイトの『エヴォルプラス』の評価
価格評価
成分評価
口コミ評価
総合評価

エヴォルプラスをおすすめする理由

エヴォルプラスは、注目の漢方薬『桑白皮エキス』が配合されている育毛剤です。

桑白皮エキスは、毛周期のサイクルを短くし、男性型脱毛症の原因酵素『5αリダクターゼ』の働きを抑えるので、男性型脱毛症の人にも効果が期待できます。

またエヴォルプラスは、漢方薬なので、精力減退や多毛症などの副作用も心配ありません。

エヴォルプラス

エヴォルプラスは男性型脱毛症の人に効果が期待できるおすすめの育毛剤です。

M字ハゲ対策の育毛剤の選び方のチェックポイント

チェックポイント

値段と定期購入の解約条件をチェック

M字ハゲ対策の育毛剤選びで重要なのは、購入しやすい値段なのか?です。高額だからといって、必ずしも育毛の効果が高いわけではありません。

また育毛剤は継続して使用し続けることで効果が期待できるので、1本購入しただけで薄毛対策をしようと思ったらダメです。

つまり、定期購入をして、解約の縛りが無い育毛剤の方が良いです。

当サイトでおすすめしているフィンジアは、定期購入なら9,980円で、違約金なしでいつでも定期購入を解約できます。

『リアップ』と比較チェック

ドラッグストアなどで販売されている育毛剤『リアップ』は男性なら一度は聞いたことがあると思います。

M字ハゲ対策の育毛剤選びで重要なのは、リアップより良い育毛剤なのか?です。

リアップはドラッグストアでも販売されており、7,500円前後で購入できます。

有効成分はミノキシジルです。リアップと比較して、自分にあった育毛剤なのか検討しましょう。

配合されている成分とミノキシジルの比較チェック

高額な育毛剤に配合されている成分で、この数年で最も有名な成分は、ミノキシジルです。

ミノキシジルは、男性型脱毛症に有効な成分として認知されており、AGA治療でもミノキシジルが使われます。

ミノキシジルは、毛根の毛細血管の血行を活性化させ高い育毛効果が期待できますが、精力減退やかゆみやふけなどの副作用が懸念されます。

購入を検討している育毛剤に含まれる有効成分が、ミノキシジルより高い育毛効果があって、性欲減退や勃起不全などの副作用の心配が少ないものが良いですね。

当サイトでおすすめしているフィンジアは、キャピシル5%配合で、ミノキシジルの3倍以上の育毛効果が期待できるスカルプケア業界注目の育毛剤です。

副作用の心配はあるかチェック

M字ハゲ対策の育毛剤選びで重要なのは、副作用の心配はあるか?です。

M字ハゲのような男性型脱毛症は、一般的に、原因酵素『5αリダクターゼ』の働きを抑え、DHTを抑えて抜け毛を減らす治療が行われます。

この治療は、薄毛専門のクリニックだと非常に高額で、しかも性欲減退や勃起不全の副作用が確認されています。

子供を望む人には、『AGA治療で使われる治療薬』はあまりおすすめできません。

ネットで購入できる育毛剤は、副作用の心配も少ないので、男性型脱毛症の治療(AGA治療)より人気です。

当サイトでおすすめしているフィンジアは、副作用の心配が無いスカルプケア業界注目の育毛剤です。

毎日使い続けられそうかチェック

M字ハゲ対策の育毛剤選びで重要なのは、毎日使い続けられそうなものか?です。

どんな育毛剤でも、3ヶ月以上継続して使用し続けないと、効果があるのかわかりません。

育毛剤は、毎日使い続けることが非常に重要です。

毎日使い続けられる育毛剤とは、『使用感が気持ち良いもの』や、『ボトルが持ちやすく頭皮に浸透させやすいもの』、などと思います。

当サイトでおすすめしているフィンジアは、頭皮に浸透させやすく使いやすい育毛剤です。

リピート購入されているかチェック

M字ハゲ対策の育毛剤選びには、リピート購入されているか?をチェックしましょう。

当サイトでは、リピート購入率を独自調査で表にしました。

ほとんどの育毛剤は1本で1ヶ月分ですから、良い育毛剤は、継続してリピート購入されます。

リピート購入されているというのは、育毛の効果を実感していたり、毎日使いやすかったりするものですよね。

当サイトでおすすめしているフィンジアは、男性の育毛剤では非常に高いリピート購入率です。

口コミの評判は良いか

M字ハゲ対策の育毛剤選びには、口コミ評判は良いかをチェックしましょう。

商品を実際に使ってみたユーザーの良い評判はもちろんですが、悪い評判もしっかりある方が信頼できます。

良い評判しか無い育毛剤は、そもそも購入している人が少ない可能性があります。

当サイトでは、口コミサイトなど、様々な口コミ評判を分析し、さらに実際に取り寄せてレビューしています。

レビューもぜひチェックしてみてください。

AGA治療の現状

男性型脱毛症

日本では1260万人が男性型脱毛症

薄毛の原因の多くは、AGA(Androgenetic Alopecia)と表現される男性型脱毛症です。

M字ハゲも、AGAの一種です。日本では1,260万人が男性型脱毛症といわれています。

男性型脱毛症は、非常にゆっくりと進行していくのが特徴で、おでこの生え際や、頭頂部に症状が現れます。

AGA治療のためにクリニックで治療しているのは、推定で約300万人とされています。

AGA治療で使われる育毛剤の特徴と副作用

プロペシア

プロペシアとは、アメリカのメルク社によって開発されたAGA薬です。

プロペシアは、フィナステリドという成分を主成分にしていて、抜け毛の原因となるDHTを抑制する作用があります。

プロペシアを1年間投与した検証で、薄毛の進行を抑えることができた人は98%という結果もあります。

プロペシアは、男性型脱毛症の最も代表的な薬として知られています。

ただプロペシアには、勃起不全(ED)、男性不妊症、乳房が大きくなる、頭痛、眠気など副作用も報告されており、特に子供を望んでいる場合は、プロペシアの服用を中止するケースが非常に多いです。

プロペシアは、薄毛専門クリニックで30錠で約7,000円前後で処方されます。

サガーロ

ザガーロとは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社によって開発され、2015年9月に厚生労働省の認可がおりた最新のAGA薬です。

サガーロは、デュタステリドという成分を主成分にしていて、プロペシアと同じくDHTを増殖させる5αリダクターゼを阻害し、抜け毛を防ぐ作用があります。

サガーロには、脱毛している部分に、太くて長い毛の本数が増えることが検証によって確認されており、プロペシアより高い効果が期待できるといわれています。

ただサガーロにも、勃起不全(ED)、精子量の減少、精巣腫脹、乳房が大きくなる、頭痛などの副作用が報告されており、プロペシアと同じく子供を望んでいる場合はサガーロの服用を中止するケースが非常に多いです。

サガーロは、薄毛専門クリニックで30錠で約11,000円前後で処方されます。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、アメリカのアップジョン社によって、薄毛の治療薬として認可された薬です。

ミノキシジルには血流を改善して毛根の細胞を活性化させる作用があり、頭皮に塗布すると薄毛を抑え育毛効果が期待できます。

ミノキシジルの副作用で報告されているのは、皮膚炎症、めまい、動悸、性欲減退です。

ミノキシジルは、市販されている大正製薬の育毛剤『リアップ』に使われています。

AGA治療薬を途中で断念する理由

わたし
プロペシアもサガーロもミノキシジルも、育毛効果が認められているからこそ、薄毛専門のクリニックで使用されています。

ただこれらの治療薬で、副作用が報告されていたり、実際に副作用を実感している人も多く、途中で断念している人がいるのも事実です。

当サイトで紹介しているおすすめの育毛剤は、副作用の心配が少なく、育毛の有効成分なしっかり配合されているものを紹介しています。

ネットで売れている育毛剤をおすすめする理由

市販の育毛剤

育毛剤を購入する人は、男性型脱毛症でAGA治療が高額なため、現実的に毎月1万円以内でできる頭皮ケアをしようとしている人が多いです。

ネット販売で販売されている育毛剤すべてが、副作用がなく、育毛効果があるわけではありませんが、AGA治療を止めて切り替える人が多いのも事実です。

ネットで販売されている育毛剤は、育毛に有効な成分が配合され、実際に薄毛の悩みを解決しているから売れています。

育毛剤ですから、育毛に効果がないものは、口コミで一気に評判がガタ落ちし、まったく売れないでしょう。

男性育毛剤口コミ

ネットでの購入は、店頭で恥ずかしい思いをすることはありませんし、良い商品を安く購入できます。

だから、育毛剤はネットで、実際に売れている評判の良いものを選ぶのがおすすめです。

当サイトでは、30代のM字ハゲに悩む方には、フィンジアをおすすめします。

スポンサードリンク
30代のM字ハゲに悩む人におすすめの育毛剤とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です