逆流性食道炎の咳を治療する5つの方法

逆流性食道炎の咳は、えずくような咳で、夜間眠れないほど長く続いてしまう傾向があります。

どうしたら良いのでしょうか?

今回は、逆流性食道炎の咳を治療する5つの方法をまとめました。

逆流性食道炎の変な咳がとまらない理由

注目 (3)

風邪の咳は、食道や肺の中にウィルスなどの異物があって、それを排出するために咳き込みます。

逆流性食道炎の咳は、胃から食道へ胃液が逆流する際、気管に間違えて胃液が入ってしまい、気管支が炎症を起こしてしまうことで、咳き込んでしまうことがほとんどです。

食道や気管が炎症を起こしてしまうと、ぜんそく息のような咳が続き、えずくような咳になります。

風邪薬の咳どめ薬を服用しても、咳はとまらないことが多く、胃酸が過剰に分泌されればされるほど、変な咳が続いてしまうのです。

逆流性食道炎の咳を治療する5つの方法

注目 (2)

1. 胃酸の分泌を抑制する

逆流性食道炎は胃酸の過剰な分泌により、胃酸が食道に逆流して炎症を引き起こすことで、胸焼けや呑酸、ゲップや咳の症状があらわれます。

まずあなたがすべきなのは、胃酸の過剰な分泌をできるだけ抑えることです。

胃酸分泌抑制の薬を服用したり、油っこい胃に負担がかかるため物を避けることなど、できるだけ意識することが大切です。

2. 食後すぐに横たわらない

逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流してしまうことで、食道に炎症があり、胸焼けや呑酸、ゲップや咳などの症状があらわれます。

食後は胃酸の分泌が促されており、その状態で身体を横たわらせると、胃酸が食道に逆流しやすくなります。食後は、胃が食べ物を消化するまでは、できるだけ横たわらないようにするよう心がけましょう。

3. ストレスを解消する

ストレスは、逆流性食道炎にとって良くないといわれています。食道粘膜の胃酸に対する感受性を高めてしまったり、下部食道括約筋が正常に機能せずに胃酸の逆流を防げなくなったり、様々な影響があるといわれています。

ストレッチや体操など軽い運動でもストレスは解消されるので、できるだけ身体を動かしストレスの解消に努めましょう。

4. 生活習慣を見直す

前かがみの姿勢やベルトをきつくするなどは、胃酸を逆流させるキッカケになってしまい良くないです。

また猫背は内臓に圧をかけてしまうので良くないといわれていますし、喫煙も胃酸に負担がかかるので、避けたほうが良いといわれています。逆流性食道炎は胃ガンの原因にもなるので、できるだけ規則正しい健康的な生活習慣にするようにしましょう。

5. 専門医に診てもらう

逆流性食道炎は人によって症状が違ったりしますので、自分で判断するのが難しいといわれています。特に非食道炎(ナード型)は、逆流性食道炎の症状がありながら、胃酸の逆流がないという治療が難しいとされる病気との判別は、内視鏡検査などしないと分かりづらいものです。

治療薬も処方薬を使ったほうが良い人もいるので、まずは逆流性食道炎の専門医がいる内科や消化器科で検査してもらいましょう。

逆流性食道炎の治療まとめ

医師

今回は、逆流性食道炎のあなたがすべき治療5選を紹介しました。

逆流性食道炎は、胃がんなど、治療が難しいと病気になってしまう可能性もあります。

逆流性食道炎の咳がとまらないと思ったら、病院で医師に診察してもらいましょう。

できるだけ早期治療をしてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です