逆流性食道炎の病院検査は何科が良いの?

逆流性食堂炎_病院_何科

胸がチリチリ焼けるような胸焼けや、酸っぱいものが食道から口元にあがってくるような呑酸は、逆流性食堂炎の可能性が高いです。

できるだけ早く病院で検査してもらいましょう。

何科に行けばわからない人に、病院の検査は何科に行けば良いのか?をまとめました。

逆流性食道炎の検査は病院の何科?

おすすめ3

逆流性食道炎の検査は内科・胃腸科・消化器科です

逆流性食道炎の検査は、内科・胃腸科・消化器科です。

専門医による問診で、具体的な症状を伝えた上で、内視鏡検査や胃内視鏡検査などで、食道の炎症具合や、食道下部括約筋の働きや、胃酸の分泌具合などをチェックします。

症状によって、処方薬を処方したり、具体的な治療に関するアドバイスをしてくれるでしょう。

病院で逆流性食道炎の診察はどういう検査をするの?

相談

専門医による問診

診断

専門医があなたに怒っている症状を細かく質問するので、具体的にどのような症状が、いつからどんなときに起こっているのか、できるだけ詳細に伝えましょう。

胸焼けがつらいのか?呑酸がつらいのか?ゲップやおならがつらいのか?胃やお腹の張りがつらいのか?不眠症なのか?そういう症状を具体的に説明することで、処方薬も変わってきます。

逆流性食堂炎の検査

研究

実際に、内視鏡や胃内視鏡で、胃酸の分泌状況を確認したり、食道に炎症がどれぐらいあるのか?確認します。

内視鏡検査や胃内視鏡検査は、あらかじめ予約が必要な病院もあるので、事前に問い合わせてから予約しましょう。

もし胃酸の過剰分泌がなく、食道に炎症もないのに、逆流性食道炎の症状がある場合は、非食道炎(ナード型)かもしれません。

逆流性食堂炎の治療薬処方

H2ブロッカー薬などのガスター10などは薬局でも購入できますが、ネキシウムカプセル(エソメプラゾール)などの専門医による処方薬の方が、より安価で効果のある治療ができるでしょう。

H2ブロッカー薬でも胃酸の分泌が過剰の場合は、これらのようなプロトンポンプ阻害薬を併用することは多いようです。しっかりと専門医のアドバイスを聞きましょう。

逆流性食道炎患者が必ずやるべき対処法

おすすめ2

1. ストレスをためないで解消する

トレーニング (2)

ストレスは様々な病気の原因といわれていますが、逆流性食道炎の原因にもなります。ストレスが原因で、胃酸の分泌が過剰になってしまうことは科学的に証明されています。

ただ仕事や人間関係のストレスは、簡単になくなるものではありません。ストレスをためないためには、適度な運動が良いとされています。ストレッチや体操など、軽い運動は全身の血行を良くしストレスの解消につながりますので、積極的にやるようにしましょう。

2. 食生活を見直す

食事

油っこい食べ物や甘い食べ物は、胃酸の分泌を過剰にさせてしまう原因ともなります。ストレス解消にこのような食べ物を過剰に食べてしまうのは、逆流性食道炎には非常に良くありません。

逆にストレスを溜めてしまうかもしれませんが、このような油っこい食べ物や甘い食べ物は、量を減らす努力をしましょう。

もちろん胃に負担がかかる、アルコールや辛い食べ物も控えたほうがいいでしょう。

逆流性食堂炎の場合は内科か消化器科に

逆流性食道炎まとめ

いかがでしたか?

逆流性食道炎の症状が治らない!と思ったら、まず専門医に診察や検査してもらい、あなたの症状をしっかり診てもらいましょう。

逆流性食道炎の診察や検査は、内科・胃腸科・消化器科です。

専門医のアドバイスをしっかり効いて治療しましょう。

もしかしたら、あなたの勘違いで、逆流性食道炎ではなく、非食道炎(ナード型)かもしれません。

いずれにしても、逆流性食道炎の症状は、ストレスや食生活の影響が強いので、しっかり対策してくださいね。

スポンサードリンク
逆流性食堂炎_病院_何科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です