逆流性食道炎におすすめの漢方薬と市販薬

逆流性食堂炎_漢方市販

逆流性食道炎は薬物治療がいいのでしょうか?

胸焼けや吐き気でつらいのをどうしたらいいのでしょうか?

今回は逆流性食道炎におすすめの漢方薬と市販薬を紹介します。

逆流性食堂炎の主な症状

医師

逆流性食道炎は、胃液が逆流して食道に炎症が起こる病気です。主な症状は食後の胸焼けです。胸焼け以外には酸っぱいものがこみ上げてくるような呑酸というような症状もあります。

その他には喉の痛み、背中の痛み、咳やだるさ、げっぷ、おならなど、様々な症状が見られるようになります。

この原因は、胃酸が過剰に分泌されてしまったり、食道の括約筋が緩くなってしまったりして、胃液が食道に逆流してしまうことで、炎症が起こります。これらは、ストレスや食生活などが原因で、薬などの薬物治療が有効です。

逆流性食道炎におすすめの漢方薬

六君子湯/りっくんしとう

胃炎や胃痛、食欲不振、消化不良、嘔吐といった逆流性食道炎の症状に効果的とされる漢方薬です。胃腸の働きを活発にすることで体内の水分の循環を改善します。

六君子湯を構成する生薬に滋養作用のある成分が含まれているので、疲れやすかったり、貧血、冷え性の人におすすめの漢方薬です。

半夏厚朴湯/はんげこうぼくとう

喉のつかえや食道部の違和感、胃炎、吐き気に効果的とされる漢方薬です。神経にも作用するため、ストレスによる緊張感やイライラ、抑うつ状態なども緩和します。

心と体、どちらの面からも逆流性食道炎をケアする漢方薬で、冷え性、顔色が悪いとよく言われる人、体力がない人、免疫力が低下している人におすすめの漢方薬です。

半夏瀉心湯/はんげしゃしんとう

胃腸炎やみぞおちあたりのつかえ、胸やけ、吐き気、げっぷなどに効果的とされる漢方薬です。半夏瀉心湯を構成する生薬のうち、黄ごんと黄連(おうれん)が炎症による熱を緩和します。

健胃作用のある乾姜、大棗、甘草も含まれており、汗をよくかく人や、ほてりの強い人、体力のある人には逆流性食道炎の対処におすすめの漢方薬です。

大柴胡湯/だいさいことう

大柴胡湯は、柴胡、黄ごん、半夏、枳実、大黄、芍薬、生姜、大棗の8種類の生薬からなり、効果効能は、肝臓での脂質代謝を高める作用があり、肝機能障害、肝硬変、胆石症、胃炎、胃酸過多症、肥満症などに用いられる漢方薬です。

比較的体力のある人で、便秘がちで、上腹部が張って苦しく、耳鳴り、肩こりなど伴う人におすすめの漢方薬です。

黄連湯/おうれんとう

急性胃炎、二日酔、口内炎の治療に効果的な漢方薬です。主に吐き気や嘔吐、胃の不快感、消化不良などに用いる漢方薬です。

体力があって、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらして落ち着かない傾向のある対処におすすめの漢方薬です。

逆流性食道炎におすすめの市販薬

ガスター10

H2ブロッカー薬です。胃の症状の原因となる胃酸の過剰分泌ををコントロールし、胃粘膜の修復を早める薬で、胃酸中和型の胃腸薬とは異なるタイプの胃腸薬です。水なしでも服用できる口中溶解タイプの薬です。

一時的な胃酸の過剰分泌を抑える薬としてはおすすめです。便秘や軟便、口の渇きなどの副作用があります。第1類医薬品です。

クニヒロ

H2ブロッカー薬です。胃痛、胸やけ、もたれ、むかつきの原因となる胃酸の過剰分泌を制御し、胃粘膜の修復を早める胃腸薬です。成分のファモチジンはH2ブロッカー薬で、胃酸を中和する胃腸薬や胃粘膜を保護する胃腸薬とは異なる働きをする胃腸薬です。

便秘や軟便、口の渇きなどの副作用があります。第1類医薬品です。

太田胃酸

健胃生薬(自然薬物)に制酸剤、消化酵素を配合した現代の食生活にマッチした胃腸薬です。飲みすぎ、胸やけ、胃のもたれなどの不快な症状に、おだやかですぐれた効きめをあらわします。第2類医薬品です。

パンシロンAZ

パンシロンAZは、効果的な食前・食間の空腹時服用型で、傷ついた胃粘膜を修復・保護して、胃の不快な症状を改善します。また2種の胃粘膜修復剤が協力的にはたらいて、傷ついた粘膜組織の再生を促進し、胃の粘膜を修復します。口のかわきの副作用があります。第2類医薬品です。

キャベジンコーワ

荒れて傷んだ胃の粘膜を修復し、正常な状態に整えるキャベジン本来の効きめに加え、胃の運動を促進する生薬成分ソヨウなどにより、弱った胃の働きを取り戻していく胃腸薬です。口のかわきの副作用があります。第2類医薬品です。

サクロン

出過ぎた胃酸の働きを弱めて分泌を抑制し荒れた胃粘膜を葉緑素から作られた緑の成分で修復、保護します。口のかわき、便秘、下痢などの副作用があります。サクロンは葉緑素から作られた緑の成分を含有しています。サクロンが鮮やかな緑色をしているのはこのためです。

逆流性食堂炎におすすめのクスリ

薬

いかがでしたか?

逆流動性食道炎になってしまったら、漢方薬や市販薬など、薬物治療で胃酸の過多を防ぎ、胸焼けの原因を一時的に抑えましょう。

ただし薬物治療は根本的な治療にはなりません。

食生活の改善やストレスの解消などにも心がけ、薬に頼ることなく、根本的な治療をするためにも、必要に応じて専門医に診てもらうことも検討してくださいね。

逆流性食道炎の市販薬と漢方薬の完全ガイド

2016.12.02
逆流性食堂炎_漢方市販
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です