【鼻スプレー】花粉症でつらい人におすすめの点鼻薬7選

鼻 スプレー 花粉症 おすすめ

花粉症は鼻水やくしゃみなどつらいですよね。鼻がムズムズしたらあっという間に症状が出てしまいます。そんな中、最近では鼻の中を清潔に保ち、また炎症を抑えるとして、鼻スプレーがとても人気のようです。

今回は鼻スプレーでもいろいろな種類がありますが、気をつけるべき注意点もありますので、それについて紹介します。

花粉症の鼻スプレーに血管収縮剤?

相談

血管収縮剤とは?

血管収縮剤とは、一時的にアレルギー症状を抑えるのには即効性があり、すぐに鼻づまりは改善されます。ただし持続性に乏しい性質を持っています。

血管収縮剤のリスクとは?

血管収縮剤の効果が薄れると人間の身体は血管を収縮させます。この状態でまた血管収縮剤と使うと、アレルギー症状は抑えられますがまたすぐ効果は薄れ血管を収縮させてしまいます。

このことによって徐々に慢性的に症状が悪化し自律神経に悪影響を及ぼし、肥厚性鼻炎という慢性的な鼻炎を患ってしまいます。この症状になってしまうと治療は長期に及びますので、血管収縮剤は用量と用法を守り長期にわたって使用することは避けた方が良いとされています。

花粉症のおすすめ鼻スプレー7選

おすすめ1

1. サジテンAL鼻炎スプレーα

抗アレルギー剤の点鼻薬です。血管収縮剤が含まれていない点鼻薬であるため、安全性はあります。

複合的な成分を配合しており、アレルギー専用の点媚薬として安心して長期間使えます。症状が軽めの方にオススメです。

2. パブロン点鼻Z

第二世代の抗ヒスタミン剤を主成分とした点鼻薬です。血管収縮剤が含まれていない点鼻薬であるため、安全性はありますが、即効性や効果においては、他のものと比べて若干欠けます。

すでに起こってしまった鼻炎症状を改善するとともに、アレルギー症状を引き起こす原因物質の発生をおさえます。

3. コールタイジン点鼻液a

微量のステロイド剤含まれており、花粉やハウスダストによるくしゃみ、鼻みず、鼻づまりを、血管収縮剤がさらに鼻閉症状を改善します。

医療用医薬品のコールタイジンと全く同じ薬であり、病院での花粉症治療も普通に使用されている薬です。

4. ナザールAR

ステロイド剤を主成分とした点鼻薬です。ステロイドは、血管収縮剤と同様に、あまり使用しないほうがいいという方も多いですが、鼻腔に部分的に使用する分には副作用も少なく比較的安心して使う事ができます。

5. エージーノーズアレルカットC

抗アレルギー剤を主成分とした点鼻薬です。予防効果も少しありますが、成分中に多くはないですが血管収縮剤も含まれているので、即効性に期待はできますが、長期的な使用は控えたほうが良いです。

成分の複合効果でバランス良くアレルギー症状を緩和してくれます。

6. パブロン点鼻クイック

医療用の医薬品と同一成分が含まれていて、病院での治療にも使用されています。鼻水、くしゃみ、鼻づまりの鼻炎の3大症状に効果的です。

血管収縮剤が含まれていますので、即効性や効果には期待ができますが、使い過ぎには注意が必要です。

7. ナザール スプレー

血管収縮剤の働きにより、鼻腔内の血管を収縮させ炎症を抑え、鼻の通りを良くしてくれます。

血管収縮剤が含まれているため、即効性や効果に優れていますが、副作用などがあるため注意が必要です。

まとめ

副作用

血管収縮剤が主成分のものは即効性や効果が強いので、症状がひどい方にはおすすめですが、あまり使いすぎると肥厚性鼻炎という慢性的な鼻炎を患ってしまう可能性がありますので注意しましょう。

また血管収縮剤は子供にはあまり使わせたくない成分ですから、子供に使用させる場合は、血管収縮剤が含まれていない、抗ヒスタミン剤が主成分のものを使うようにしてください。

鼻スプレーは、花粉症の症状を緩和するのには非常に有効な方法なので、症状がひどくなる前に使用し炎症がひどくならないように上手く使いましょう。

鼻スプレーは紹介したように市販のものでもいろいろありますから、説明書をよく読んで用量と用法をしっかり守って使用してくださいね。

鼻の花粉症をスッキリ解消させるマニュアル

2016.02.21
スポンサードリンク
鼻 スプレー 花粉症 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です