【2分で分かる】『風邪』と『インフルエンザ』と『花粉症』の違い

風邪-インフルエンザ-花粉症-違い

これまで花粉症ではなかったのに、突然花粉症になったらビックリしますよね。

花粉症の時期は、インフルエンザに感染する方が多くいます。

インフルエンザは、家族や職場の方々に感染させたら大変なことになりますので、しっかりチェックしましょう。

今回は、『風邪』と『インフルエンザ』と『花粉症』の違いをまとめました。

風邪・インフルエンザ・花粉症の症状の違い

『風邪』と『インフルエンザ』と『花粉症』の違いには特徴があります。

あなたの症状を確認してみてください。

全身の痛み

突然筋肉痛のような痛みや関節の痛みが発生した場合は、インフルエンザの可能性が高いです。

風邪や花粉症では、全身の痛みなどは発生しません。

全身の痛みがあれば、まずインフルエンザを疑いましょう。

インフルエンザの場合は38.5℃以上の熱が出ます。

また風邪や花粉症でも熱が出ることがありますが、基本的には微熱です。

38.5℃以上の高熱が出ている場合は、インフルエンザの可能性を疑いましょう。

鼻水

体調不良の初期段階で鼻水がひどい場合は、風邪花粉症の可能性が高いです。

インフルエンザの場合は体調不良の初期というより後期に鼻水が出やすくなります。

これはインフルエンザウィルスと白血球が戦い、インフルエンザウィルスが減少してくると鼻水が出てくるためです。

さらさらとした透明の鼻水の場合は、花粉症の可能性が高く、黄色い粘着質のもの場合は、風邪の可能性が高いです。

くしゃみ

風邪もインフルエンザでもくしゃみは出ますが、花粉症の場合は、くしゃみが連続して出ることが多いです。

これは小さな花粉が鼻や喉に付着することで、身体の免疫機能がアレルギー反応で、体外に出そうとする現象です。

花粉症の場合は、連続してくしゃみが出てしまうことがあります。

連続でくしゃみが出てしまう時は、花粉症を疑いましょう。

鼻づまり

鼻づまりは、風邪でもインフルエンザでも花粉症でも発生します。

ただし花粉症は、鼻づまりの症状がひどくまた長く続くという傾向があります。

ひどい鼻づまりの場合は、花粉症を疑いましょう。

喉(のど)

喉の痛みは、風邪でも、インフルエンザでも、花粉症でも発生します。

ただし風邪インフルエンザの場合は唾を飲み込んだときに痛みがあります。

花粉症の場合は唾を飲み込んでも喉に痛みがないです。

また花粉症の場合は、喉にかゆみが発生することがあります。

咳(せき)

咳は、インフルエンザでも花粉症でも発生します。

ただし、咳がひどい場合は、インフルエンザの可能性が高いです。

咳がある時は、インフルエンザを疑いましょう。

目のかゆみ

目のかゆみは、風邪やインフルエンザではほとんど起きない症状です。

目に小さな花粉が付着することで、身体の免疫機能が過剰に働きアレルギー反応として、目のかゆみや涙が出やすくなったりします。

目のかゆみがひどい人だと、目をこすりすぎて結膜や角膜を傷つけてしまい、症状がさらに悪化する人もいます。

目のかゆみが合った場合は、花粉症を疑いましょう。

病院で診断される内容の違い

症状診断される内容
風邪風邪は、鼻水に特徴があります。

診断では、鼻水からウィルスの有り無しを調べます。

風邪ウィルスがあれば風邪と診断され、安静にすることをすすめられます。
インフルエンザインフルエンザの場合は、高熱が特徴です。

診断では、鼻やのどの分泌物からインフルエンザウィルスの有り無しを調べます。

インフルエンザウィルスの存在が確認されればマスク着用や、数日間の自宅静養をすすめられます。
花粉症花粉症は、目のかゆみが特徴です。

診断では、血液検査でアレルギー反応に関わる物質の有り無しを調べます。

またこの検査で、ハウスダストや食べ物のアレルギーが見つかることもあります。

実際に多いパターンですが、これに当てはまらないこともありますので、あくまでも参考としてください。

病院で適切な処置を

体調が悪くなったら、まずは冷静に症状から、どんな原因なのか推測しましょう。

わたし
特にインフルエンザの場合は、まわりの人への感染の可能性が高くなります。

高熱、全身の痛み、咳がある場合は、インフルエンザの可能性が非常に高いです。

自分の勝手な判断は控え、できるだけ早く病院で診断を受け適切な対処をしてください。

また不安な方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

同時にかかる??花粉症と風邪の見分け方のまとめ

2016.02.20
風邪-インフルエンザ-花粉症-違い
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です