花粉症による鼻の中の腫れの原因とは?

花粉症で鼻の中が腫れることは良くありますよ。

なぜ鼻の中が腫れるのでしょうか?

今回は鼻の中が腫れるそのメカニズムと腫れた後の対処法を紹介します。

花粉症で鼻の中が腫れる原因

医師

ロイコトリエンという物質

花粉が鼻などの粘膜に付着すると、人間の身体は、IgE抗体というものを作り出し、粘膜にある細胞などと結合します。

その後IgE抗体が蓄積され、さらにそこに過剰の花粉が侵入することで細胞からヒスタミンという物質と、ロイコトリエンという物質が分泌されます。

このヒスタミンという物質が、鼻水やくしゃみといった症状を引き起こします。

またこのロイコトリエンという物質が血管を拡張させ、鼻の粘膜を腫れさせてしまうのです。

鼻の中が腫れてしまった場合の対処方法

医師

鼻スプレーで洗浄する

花粉症の場合は花粉が鼻の中の粘膜に付着しているケースがあるので、まずは鼻スプレーなどで洗浄し鼻の中を清潔にしましょう。

鼻スプレーが抗アレルギー材を含むものか抗ヒスタミン材を含むものかステロイドを含むものか、によって即効性や持続性は変わってきますが、すでに鼻の中が腫れてしまっているのであれば炎症を止めることを優先させましょう。

その際に鼻の粘膜を傷つけたりしないように注意してください。

鼻の中に直接クリームを塗る

鼻スプレーと同様に、まず鼻の中を洗浄したあとに鼻の中の炎症を和らげるために直接クリームなどを塗りましょう。

すでに腫れてしまっているのであれば炎症を抑えることを最優先させましょう。

その際に鼻の粘膜を傷つけないようにしてください。

耳鼻科で診察してもらう

あまりにもひどい時は耳鼻科で診察してもらいましょう。副鼻腔炎や蓄膿症など他にも原因があるのかもしれません。鼻の腫れがひどくなるとどうしても口呼吸になりがちで余計につらくなります。

花粉症の時期であれば、症状が悪化して身体と治療も長引いてしまいます。医師の判断で適切な薬を処方してもらい炎症を抑えましょう。

花粉症の鼻の中の腫れは早めの対処を!

副作用

鼻スプレーは、花粉症の症状を緩和するのには非常に有効な方法なので、症状がひどくなる前に使用し炎症がひどくならないように上手く使いましょう。

花粉症におすすめの点鼻薬

【鼻スプレー】花粉症でつらい人におすすめの点鼻薬7選

2015.12.05

鼻スプレーは、市販のものでもいろいろありますから、説明書をよく読んで用量と用法をしっかり守って使用してくださいね。

花粉症の症状がひどい人は、鼻の中も腫れてしまうと、本当につらい状況になります。こうなる原因が、ヒスタミンという物質と、ロイコトリエンという物質が原因です。

鼻の中の腫れがひどくなる前に、まずは炎症を抑えることを優先させましょう。

鼻の花粉症の対策マニュアル

花粉症の重症患者の人は、マスクや鼻スプレーなど、できるだけ鼻の粘膜に花粉がつかないようにして炎症が起きにくい環境を作りましょう。

鼻の花粉症をスッキリ解消させるマニュアル

2016.02.21
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です