【ドライノーズ】花粉症で鼻の中が痛い原因を徹底解明!

花粉症で鼻が痛くなったことはありませんか?それはドライノーズかもしれません。

今回は鼻の中が痛い原因で考えられる花粉症で鼻の中が痛くなる原因をまとめました。

 

花粉症で鼻の中が痛くなる原因

効果

ドライノーズ

ドライノーズとは鼻の中の粘膜が乾燥する状態で、空気が乾燥してくると鼻の中がカサつき、ムズムズ感を感じ、鼻の中の粘膜が乾燥する状態です。「乾燥性鼻炎」とも言われます。加湿保護や水分補給をこまめにする必要があります。

慢性的な鼻炎

花粉で鼻づまりを引き起こし、鼻の奥が痛むことがあります。鼻づまりだけでなく大量の鼻水が流れ出るときにも痛みを伴うことがあります。花粉だけでなくハウスダストなども原因と考えられますので、耳鼻科で診断し治療しましょう。

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔内に膿が溜まってしまうと慢性副鼻腔炎となり、慢性的に炎症を起こした状態になります。よく蓄膿症(ちくのうしょう)とも言われます。蓄膿症は慢性的に、鼻づまりや鼻水にくわえて、副鼻腔付近(鼻の奥部分)で痛みがあります。重症になると目や脳み影響が出るので手術が必要となりますので、耳鼻科に診断してもらいましょう。

風邪

発熱があり、風邪の初期段階では鼻の奥が痛むことが多いようです。その後くしゃみや鼻水が引き起こされ、全身にだるくなってきます。風邪の症状が回復していけば鼻の痛みも治まっていくでしょう。

 

まとめ

納得1

鼻の中が痛くなる事例を調べました。やはり鼻の奥が痛いだけでもいろいろな原因があるようですね。

鼻の奥で痛みがあると、集中力もなくなりますしダルさを感じます。また鼻の奥の痛みは、目や脳とも近い部分にあるので、どこに原因があるか特定するのも難しいようです。

花粉症が原因の可能性が高いですが、できるだけ早く耳鼻科などで診察してもらうようにしましょう。

鼻の花粉症をスッキリ解消させるマニュアル

2016.02.21
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です