【花粉症と風邪の違い】ポイントは「喉」「くしゃみ」「鼻水」

ちょうど花粉の時期。花粉症じゃないと自覚している人でも、くしゃみや鼻水で、「あれ?これは花粉症かな?それとも風邪かな?」と判断に迷うことがありませんか?花粉症も風邪も症状が似ているので、初期段階での対応が遅れてしまうことがあります。

今回は花粉症と風邪の違いについてまとめました。

 

花粉症と風邪の違いは?

喉(のど)

喉が痛いときは、風邪の可能性が高いです。ただし花粉症でも喉が痛くなることがあります。違いは風邪の場合は唾を飲み込んだときに痛みがあります。花粉症の場合は唾を飲み込んでも喉に痛みがないです。また花粉症の場合は喉にかゆみが発生することがあります。

くしゃみ

くしゃみが立て続けに出たら花粉症の可能性が高いです。花粉症の場合は鼻やのどに小さな花粉は付着することで、身体の免疫機能が過剰に働き、花粉を体内から追い出そうとするアレルギー反応として発生します。風邪の場合でもくしゃみはありますが、連続して数回のくしゃみが起きてしまったら、典型的な花粉症の症状です。

鼻水

鼻水が透明のさらさらだったら花粉症、黄色い粘着質のものだったら風邪の可能性が高いです。風邪の場合、なぜ黄色い粘着質のものになるのかといえば、風邪の原因のウィルスと戦った白血球の残骸が黄色い粘着質になるためです。花粉症の場合は鼻の粘膜に小さな花粉は付着することで、身体の免疫機能が過剰に働き、花粉を洗い流そうとするアレルギー反応として、大量に鼻水を分泌するためです。

目のかゆみ

目のかゆみや充血があったら花粉症の可能性が高いです。風邪の症状ではほとんど起きない症状です。目に小さな花粉が付着することで、身体の免疫機能が過剰に働きアレルギー反応として、目のかゆみや涙が出やすくなったりします。症状がひどい人だと、目をこすりすぎて結膜や角膜を傷つけてしまい、症状がさらに悪化する人もいます。

 

花粉症や風邪の受診は、「耳鼻科?内科?」

風邪も花粉症も症状がひどくなると日常生活に大きな影響をきたしますから、なるべく早く医師に診てもらいましょう。

風邪なら内科です。花粉症なら耳鼻科です。もし判断がつかない場合は、正直に「風邪か花粉症かわからないのですが。」と言えば、病院も対応しやすいでしょう。診察前に電話などで問い合わせてみましょう。

 

まとめ

まとめ

花粉症も風邪も初期段階の症状は似ています。どちらかを的確に見分け判断できず、放っておくと悪化していくので、初期対応をしっかりしたいですね。

特に花粉症は自覚症状が出る前に治療すると症状が軽くすみますから、早めに対応することをオススメします。

また事前に花粉症なのか、血液検査を行い、アレルギー反応検査で事前に把握することもできるので、なるべく初期対応できるように受信することをオススメします。風邪と花粉症の、症状や特徴を事前に知っておき、症状の悪化を防げるようにしたいですね。

同時にかかる??花粉症と風邪の見分け方のまとめ

2016.02.20
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です