副作用で眠くなる|花粉症の薬で眠くなったときの3つの対策

花粉症-薬-眠くなる-対策

花粉症の薬は副作用で眠く眠くなるなどして困っている人は多いようです。どうやって対策したら良いでしょうか?

今回は眠くなったらやったほうが良いおすすめ対策をまとめました。

花粉症の薬で眠くなったときの3つの対策

ショック1

1. 熱いシャワーを浴びる

熱いシャワーは血行を良くし眠気を覚ましてくれたり、花粉を洗い流してくれるので、眠気が覚めますね!

花粉症で眠くなる方の眠気対策に非常におすすめです。

2. 花粉症の薬を寝起きに飲む

ご飯をお腹いっぱい食べた後や、仕事や勉強で疲れた夕方は眠くなりやすいので、花粉症の薬を飲むタイミングを工夫してみましょう。

朝の寝起きに飲めば眠気対策になります。

3. 眠気対策のツボを圧す

親指と人差し指がV時に交わるところの「合谷」というツボは眠気を覚ます効果があります。

気持ちよいぐらいグッと5秒くらい圧して、5秒くらいで戻すというようにマッサージするように刺激してみましょう。

副作用の少ない花粉症の薬を服用しましょう

1ce5452295422f27665cac1119348215

花粉症の薬は眠くなるというのは、第一世代の抗ヒスタミン薬の可能性が高いです。

熱いシャワーを浴びたりしても、眠気は覚めないかもしれません。

花粉症の薬で眠くなってしまう人は、第二世代の抗ヒスタミン薬を試してみてください。

 

眠くならない花粉症の薬 アレグラ

アレグラは眠くなりにくい花粉症の薬として、最近有名になりました。

集中力の散漫、倦怠感、眠気を引き起こす第一世代の抗ヒスタミンの薬ではなく、眠気などの副作用が低い第二世代の抗ヒスタミン薬が開発され販売されていますが、このアレグラはその第二世代の抗ヒスタミン薬の代表的な存在です。

病院の処方薬としても使われます。眠くなりやすい人はアレグラを試してみましょう。

またこちらで花粉症に役立つ最新グッズを紹介しています。ぜひご覧ください。

【2017年】知って得する最新の花粉症対策グッズ

2017.02.06
スポンサードリンク
花粉症-薬-眠くなる-対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です