リアルにおすすめ!副作用が少ない花粉症の市販薬

花粉症-薬-副作用-少ない

花粉症の薬というと、「眠気」や「口の渇き」等の副作用が気になりませんか?

でも最近は、花粉症のアレルギーに対しての効果があって、でも副作用が少ない新しい花粉症の薬があります。

からだ研究所の編集部でも、眠気や口のかわきが少ないということで、愛用していますよ。

今回は、副作用の少ない花粉症の市販薬を紹介します。

花粉症の薬の副作用とは

以前は眠気や口の渇きが強かった

花粉症の薬を服用すると、眠くなったり、口の中が乾くのは、花粉症の薬の副作用です。

ただ、最近では花粉症のアレルギーにしっかり効き目があるにも関わらず、副作用がすくないといわれる花粉症の薬が販売されています。

これら、副作用が少ないと言われるのは、第2世代の抗ヒスタミン薬と呼ばれています。

副作用が少ないおすすめの市販薬

アレグラFX

第二世代の抗ヒスタミン薬の中で、もっとも副作用が少ないのが、アレグラです。

テレビCMも人気タレントが出演しており、どの薬局でも販売されている人気アイテムです。

1日2回の服用と持続性は他に比べて劣りますが、副作用が最も少ないので、眠気や口の渇きなどが嫌な人は、アレグラを選びましょう。

またアレグラは副作用が少ないからといって、効果が少ないということはありません。

鼻水やくしゃみなどの花粉症のアレルギー反応に対して、アレグラを服用することで即効で効果を実感できるでしょう。

集中力が必要な、受験シーズンの学生は、アレジオンよりアレグラの方がおすすめです。

アレジオン

アレジオンも第2世代の抗ヒスタミン薬で、とても人気アイテムです。

第2世代の抗ヒスタミン薬といえば、アレグラかアレジオンが有名です。

アレグラは、1日2回の服用に対し、アレジオンは1日1回の服用なので、持続性でいえば、アレジオンのほうが優れています。

ただし副作用でいうと、アレグラの方が少ないので、ドラッグストアでもアレグラの方が若干品薄になる傾向があるようです。

まとめ 副作用が少ない花粉症のおすすめ市販薬

副作用

最近の花粉症の薬の中でも、第2世代の抗ヒスタミン薬に分類される市販薬は、眠気などの副作用が少なくシーズンをとおして使用できるので、ドラッグストアでも大変人気です。

副作用が少ない花粉症の薬を探しているなら、アレグラがおすすめです。

持続性で選ぶなら、アレジオンの方がおすすめです。ネットで安く購入できるのは本当にうれしいですね。

いずれにしても、アレグラもアレジオンも花粉症のピーク時期には品薄になる傾向がありますので、できるだけ早めに入手しておきましょう。

【花粉症の薬まとめ】第二世代の抗ヒスタミン薬がおすすめ

2016.02.22
スポンサードリンク
花粉症-薬-副作用-少ない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です