【超保存版】花粉症には良くない食べ物 11選

花粉症の時期に食べたほうが良いものと、良くないのがあるのをご存知ですか?花粉症患者にとっては少しでも症状を和らげたいと思うでしょう。

今回は花粉症には良くない食べ物11選を紹介します。

 

花粉症には良くない食べ物11選

レシピ

1. トマト

tomato

トマトはヒスタミンを含んでいるのでおすすめできません。生で食べるのではなく調理すれば問題ありません。

 

2. ほうれん草

hourennsou

ほうれん草はヒスタミンを含んでいるのでおすすめできません。ただゆでたり調理すれば、問題ありません。

 

3. なす

nasu

なすもヒスタミンを含んでいるのでおすすめできません。焼いたり炒めたりすればヒスタミンは消滅します。

 

4. タケノコ

takenoko

タケノコは、セロトニンを多く含むため、避けたほうがいい食べ物です。

 

5. バナナ

banana

バナナも、セロトニンを多く含むため、避けたほうがいい食べ物です。

 

6. キウイ

kiui

キウイも、セロトニンを多く含むため、避けたほうがいい食べ物です。

 

7. ハム

hamu

ハムは、亜硝酸塩などの過敏性を高める刺激物質が含まれているため、これも花粉の時期に避けたほうがいい食べ物です。

 

8. ソーセージ

souseiji

ソーセージは、亜硝酸塩などの過敏性を高める刺激物質が含まれているため、これも花粉の時期に避けたほうがいい食べ物です。

 

9. お酒

biiru

アルコールは、アセトアルデヒドという物質が、末梢神経を刺激してくしゃみ・鼻水・鼻づまりを悪化させるため、花粉症の時期は避けたほうがいいです。

 

10. インスタント食品

kappumenn

加工油脂に含まれるトランス脂肪酸がよくないので、これも花粉の時期に避けたほうがいい食べ物です。

 

11. ファーストフード

hannba-ga-

加工油脂に含まれるトランス脂肪酸がよくないので、これも花粉の時期に避けたほうがいい食べ物です。

 

まとめ

納得1

いかがでしたでしょうか?トマトやほうれん草が、花粉症の症状を悪化させる可能性があるなんて驚きですよね。花粉症の症状が出てしまってからではもう遅いですが、あのつらい症状にならないためにも、これは覚えてきたいですね!

また食事に関して言えば、暴飲暴食をせず、身体の免疫力や抵抗力があがるように、バランスよい食生活を心がけましょう。普段からの食生活がとても大事ですね。事前対策をバッチリして花粉の時期に備えてください。

花粉症を食べ物で治すまとめ情報

2016.02.21
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です