【花粉症|目の周りのかゆみ】おすすめの薬「オイラックス」

「花粉の時期は目の周りがかゆくなって助けてほしい!」と思う方が多いです。どうしたらいいのでしょうか?ご自身の症状を冷静に把握し適切に対処したいものです。

今回は 目の周りがかゆくなる原因とおすすめな市販薬 を紹介します。

 

目の周りがかゆくなる2つの原因

調べる

1. 花粉によるアレルギー反応

花粉の粒子は非常に小さく一度体内に入るとなかなか体外に排出するのは難しくなります。眼球に付着すると人間の身体は反応し涙で洗い流そうとします。

花粉粒子が体内に入るとヒスタミンという成分が分泌され、これがキッカケで体内で白血球が働き涙などで洗い流そうとします。しかしヒスタミンが分泌され続けることで、目の周りにかゆみを感じ、その結果かゆみに襲われます。

 

2. 乾燥により肌が敏感になっている

乾燥は、目の周りの皮膚が敏感にします。目の周りの皮膚はとても薄くデリケートな部分です。この敏感な部分に花粉などの刺激物が付着することで、過剰に反応してしまい目がかゆくなってしまいます。

 

目の周りのかゆみへの予防方法

おすすめ4

(予防)花粉から身体を守る

花粉が体内に入ってしまうのを防ぎましょう。そのためには花粉飛散のピーク時の外出は避けたり、花粉症用のメガネを着用するなどが効果的です。花粉との距離を作り花粉から身体を守りましょう。

 

(予防)乾燥を防ぐ

乾燥によって目の周りの皮膚は薄くデリケートな場所が敏感になります。できるだけ乾燥させないように化粧水や乳液などで保湿しましょう。また市販されているワセリンを使うのも手です。

 

目の周りのかゆみに対処できる市販薬

医師1

オイラックス

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

市販されている薬です。このオイラックスという薬はかゆみ止めで、デリケートな部分に塗ることができるかゆみ止めです。もしかゆみを我慢できなく目の周りがかゆくてたまらなくなってしまったら、オイラックスを使ってかゆみを抑えましょう。

ステロイド剤が含まれているため、長期の使用ではなく一時的なかゆみ止めとして利用し、かゆみがひかない場合は皮膚科か眼科に相談しましょう。

 

 

まとめ

納得1

花粉症には個人差がありますが、身体に花粉の侵入を防ぐことと、乾燥を防ぐことは非常に重要です。それでも目の周りがかゆくなってしまったら、デリケートゾーンにも塗ることができる「オイラックス」を使用しかゆみを抑えましょう。

かゆみがひかない場合は、皮膚科や眼科で早めに診察してもらいましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です