花粉症の目のかゆみを目薬以外で緩和する方法!4つのテクニック

花粉症-目のかゆみ-目薬以外

花粉症の目のかゆみの原因は、アレルギー性結膜炎です。アレルギー性結膜炎はスギ花粉などアレルギー物質が体内に入り、ヒスタミンという物質が分泌されることで引き起こされます。

このヒスタミンが、目の毛細血管などを刺激してかゆみや充血などの炎症を引き起こしています。一度体内に入ってしまった花粉がアレルギー反応としてヒスタミンが分泌されてしまったら、なかなか症状を緩和させるのは難しいです。

花粉症の目のかゆみを緩和するときに、目薬がおすすめですが、目薬以外でも方法はありますので、今回はそのテクニックを紹介します。

花粉症の目のかゆみを目薬以外で緩和する4つのテクニック

おすすめ4

1. 感動する映画を観て、涙をたくさん流す

目に入ってしまった花粉を、体外に流し出すために涙を流しましょう。

涙を流すといったら映画ですよね。お気に入りの感動する映画を観て号泣すれば、きっと花粉を流れ出ます。

特に花粉症の時期は目が乾燥しがちなので、涙を流して目を潤わせたいですね。

2. 氷などで冷やす

目のかゆみはヒスタミンの働きによるものです。

これらの働きを弱め炎症を抑えるには、冷やすのがいちばんです。冷やすといったら氷ですよね。

まぶたの上から氷で冷やせば、目のかゆみは緩和します。

低音やけどしないようにタオルなどで包んで冷やしましょう。

3. メンソレータムを目頭にすり込む

目のかゆみには、スーッとするものを塗ると少し痒みは緩和させることができます。

メンソレータムを目頭にすり込むと目がスーッとしますので、目のかゆみを緩和させるには良いです。

目に入らないように注意して、薄く塗ってみてください。

4. 花粉症ではないとセルフコントロールする

花粉症は病気のひとつです。昔から病は気からといいますよね。

もうこうなったら、「これは花粉症ではない。これは花粉症ではない。」と念じて、セルフコントロールしましょう。

これで目のかゆみが緩和されたら、あなたは立派な精神力の持ち主です。

まとめ

副作用

一度アレルギー反応が出てしまったら、なかなか症状を緩和させるのは難しいです。目のかゆみにいちばん効果があるのは、やはり目のアレルギー症状を抑え、花粉を洗い流せる目薬でしょう。

だから目のかゆみを緩和する方法は目薬を使うのがベストな選択です。

目のかゆみにおすすめの目薬を紹介します。ぜひ参考にしてください。

【花粉症の目のかゆみ】すぐ役立つ完全対応マニュアルまとめ

2016.02.21
スポンサードリンク
花粉症-目のかゆみ-目薬以外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です