大人の手足口病【大人の手足口病はなかなか熱が下がらない】

手足口病は子供の病気と思われがちですが、稀に大人にも感染します。

38℃前後の発熱があり普段の生活に大きな影響を与えます。

今回は大人の手足口病の発熱について解説します。

大人の手足口病

体温計

大人の発熱は3日以内で下がる

大人の感染は症状が重症化するといわれていますが、発熱は3日を目途に下がっていくでしょう。

もし38℃以上の熱が3日以上続き、水泡が手や足にはなく、口の中や喉に見られるのであれば、もしかしたらヘルパンギーナという別の病気かもしれません。

ヘルパンギーナとはウィルス性の感染症で、6月から8月にかけて患者が多くなることから、夏かぜと思われています。

患者は乳幼児に多いことから、手足口病と間違われることがあります。大人の感染は、熱が39度を超えるなど重症化します。

特効薬はなく自然治癒で治す

手足口病は、特別な治療方法はなく、安静にして自然に治るのを待つしかありません。

ウィルスの潜在期間は2-10日といわれており、そのうち高熱は3日以内といわれています。

もし大人で高熱が3日以上続いてしまったら、ヘルパンギーナなどほかの感染症かもしれません。

内科や耳鼻科で診察してもらいましょう。

まとめ

手足口病の大人の発熱は基本的には熱は3日以内に下がると思われます。

特別な治療がないので、安静にして他人への感染を防いでください。

3日以上38℃以上の熱が続くようであれば、手足口病ではなく、ヘルパンギーナを患っている可能性がありますので、近くの病院で診察してもらうようにしてください。

ナイナイの矢部も感染した【手足口病】のまとめ

2016年2月26日
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA