いつまでつづくの?この高熱…大人の手足口病の熱が下がらない

手足口病は子供の病気と思われがちですが、稀に大人にも感染します。38℃前後の発熱があり普段の生活に大きな影響を与えます。

今回は大人の手足口病の発熱について解説します。

 

手足口病とはどういう病気なのか?

手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。日本医師会によると感染者の90%が、5歳未満の乳幼児ですが、大人も感染します。

手足口病はどうやって感染するのか?

感染経路は、よだれや分泌物、せき、接触感染などです。手口足病は感染力が強く、保育施設や幼稚園などでは集団感染が起こりやすいため注意が必要です。

毎年7月下旬に流行のピークを迎えます。大人に感染した場合は、子供よりも症状が重くなる傾向にあります。手の平や足の裏の皮が子供に比べて大人の方が厚いので痛みが酷くなります。

 

大人の手足口病の熱はいつまで続くのか?

体温計

大人の発熱は3日以内で下がる

大人の感染は症状が重症化するといわれていますが、発熱については3日を目途に下がっていくでしょう。

もし38℃以上の熱が3日以上続き、水泡が手や足にはなく、口の中や喉に見られるのであれば、もしかしたらヘルパンギーナという別の病気かもしれません。ヘルパンギーナとはウィルス性の感染症で、6月から8月にかけて患者が多くなることから、夏かぜと思われています。

患者は乳幼児に多いことから、手足口病と間違われることがあります。大人の感染は、熱が39度を超えるなど重症化します。

 

大人の手足口病の治療は?

医師3

手足口病は、特別な治療方法はなく、安静にして自然に治るのを待つしかありません。ウィルスの潜在期間は2-10日といわれており、そのうち高熱は3日以内といわれています。

もし大人で高熱が3日以上続いてしまったら、ヘルパンギーナなどほかの感染症かもしれません。内科や耳鼻科で診察してもらいましょう。

 

まとめ

手足口病まとめ

手足口病の大人の発熱は基本的には熱は3日以内に下がると思われます。特別な治療がないので、安静にして他人への感染を防いでください。3日以上38℃以上の熱が続くようであれば、手足口病ではなく、ヘルパンギーナを患っている可能性がありますので、近くの病院で診察してもらうようにしてください。

ナイナイの矢部も感染した【手足口病】のまとめ

2016.02.26
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です