頭痛い時に使える二日酔いの頭痛におすすめのツボ

お酒の飲みすぎで、次の日起きたら、ひどい頭痛…。つらいですよね。

そんな方に朗報です。

ツボを指圧することで二日酔いの頭痛を緩和できる可能性があります。

今回は、頭痛い時に使える二日酔いの頭痛におすすめのツボを紹介します。

二日酔いの頭痛の原因

頭痛

個人差はありますが、お酒を飲みすぎるとが痛くなってしまうことがあります。これは二日酔いの典型的な症状です。

あなたが飲んだお酒は、アルコールの約20%は胃で吸収され、残りの約80%は小腸で吸収されます。そして吸収されたアルコールは血液を通じて肝臓に運ばれ肝臓でアルコールが分解されます。

この際にアセトアルデヒドという有害物質が発生し分解され体外に排出されます。

肝臓は、セトアルデヒドの分解を最優先させるのですが、アセトアルデヒドの分解が追いつかないために、このアセトアルデヒドが全身にをめぐってしまい頭痛を引き起こします。

二日酔いの頭痛に効くツボ

頭痛

百会(ひゃくえ)

出典:bearhug.co.jp

出典:bearhug.co.jp

百会(ひゃくえ)は、頭の天辺で耳の中心線で交差するところにあるツボです。このツボは様々な健康効果を持つ万能なツボです。

目の疲れ、抜け毛、痔の他にも二日酔いのガンガンする頭痛を緩和します。両手の中指を使って、グーッと圧します。ゆっくり圧してゆっくり離します。

あまり強くなく気持ちいいと感じるぐらいの強さで、身体の中心に向かって圧します。大体1時間ぐらいで効果があらわれるでしょう。

完骨(かんこつ)

出典:hapila.jp

出典:hapila.jp

完骨(かんこつ)は、両耳の後ろにある出っ張った骨の下端、後ろ側のくぼみにあるツボです。二日酔いの頭痛や顔のむくみなどに効果があります。

親指で圧し上げるように刺激させます。1秒圧して、すぐ離して、また1秒圧すというようにクックックックとやるのがポイントです。血行の流れを促進させ肝臓の働きが進めば次第に頭痛が緩和されるでしょう。

まとめ

まとめ

いかがですか?

二日酔いの頭痛があれば、今回紹介したツボをおしてみてください。

二日酔いだけでなく他にも効果がありますので、これを周りの人に教えてあげたら、感謝されるかもしれませんね。

また二日酔いは肝臓に負担がかかっています。お酒の飲みすぎには注意しましょう。


また、海外では医薬品としても使用されている、発酵大麦エキス『コメコサノール』が入ったサプリメント『ekas』もおすすめです。

ネットで1900円で購入できる二日酔い対策として、ぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。