レーシック手術でドライアイになったらおすすめしたい目薬

レーシック-ドライアイ-目薬-おすすめ

レーシック手術は角膜を削り知覚神経にダメージを与えます。

レーシック手術の後遺症で涙の分泌やムチン層のバランスに異常をきたしドライアイを引き起こしやすくなります。

今回はレーシックの後遺症でドライアイを患ってしまった方におすすめな目薬を紹介します。

レーシック手術の後遺症でドライアイに?

診断

レーシック手術後に、目がかすんだり、目が乾いて、ドライアイになってしまう方は非常に多いようです。

こういうケースはまず手術したクリニックにすぐ相談しましょう。ほとんどのクリニックで術後ある一定期間は無料でカウンセリングしてくれます。

レーシック手術患者に多いのが涙液の中でもムチン層に異常をきたすことが多いようです。

しっかりと治療しないと、症状が悪化しますので、初期段階で適切な処置をしましょう。

レーシック手術後のドライアイのおすすめ目薬の選び方

相談

防腐剤フリーの目薬を選びましょう

市販の目薬の中には防腐剤が含まれているものがあります。

これは目薬に雑菌が繁殖しないように、また効果が劣化しないように含まれているのですが、眼球にはもちろん良いものではなく、またドライアイの眼球に点眼すると涙が少ない状態なので、眼球をさらに傷つけたりしまい、ドライアイの症状を悪化させることがあります。

防腐剤フリーの目薬の使用期限は、しっかり守って利用するようにしましょう。

血管収縮剤が含まれていない目薬を選びましょう

目の充血を抑えたり、爽快感を与えてくれる目薬に含まれています。血管収縮剤は即効性があり充血をすぐに抑えられますが、持続性には乏しいです。

なので、何回も使用すると、効果が薄れ、結果的に充血しやすい目になったりしてしまいます。

また血管が伸び縮みするので、目の血管が太くなってしまい、充血が目立つようになってしまうことがあります。

目薬のパッケージに「第3類医薬品」と表記されていれば、血管収縮剤は含まれていないので、参考にしてください。

レーシック手術後のドライアイおすすめ目薬5選

【第3類医薬品】ソフトサンティア

ソフトサンティアは涙液に近い性質を持った人工涙液で、涙液不足に伴う目のかわきや異物感などの不快な症状を改善します。

また、ソフトサンティアは、コンタクトレンズに対して何ら影響を及ぼさないことが確かめられていますので、すべてのタイプのコンタクトレンズ装着したまま点眼することができます。

多くの眼科でも処方されます。

【第3類医薬品】アイリスCL-Iネオ

アイリスCL-Iネオは、タウリンを配合した涙液型目薬です。コンタクトレンズに吸着して蓄積され、変性の原因となる成分を配合していません。

ソフト、ディスポーザブルをはじめO2、ハードコンタクトレンズを装用したまま、安心して点眼でき、コンタクトレンズをした目をやさしくいたわります。

乾いた目への刺激やトラブルの一因と言われている防腐剤を配合せず、涙の成分にタウリンを配合。コンタクト着用で定番中の定番目薬です。

【第3類医薬品】ロートソフトワン点眼液

すべてのコンタクトレンズを装着したまま使用できます

また、コンタクトレンズをはずした後も使用できます。涙液に近い性質を持った人工涙液で、涙液不足に伴う目の乾き、異物感などの不快な症状を改善します。

コンタクトレンズ装用時の不快感、目の疲れ、目のかすみ、目の乾きなどの症状を改善します。

ジクアス点眼液3%(眼科処方薬)

涙液改善作用のあるドライアイ治療薬です。ドライアイをターゲットにした薬剤としては世界で初めて認可のおりた薬。ムチン分泌作用、水分分泌・水分保持作用があります。2012年12月より処方開始。

市販はされていないので眼科で処方してもらって入手してください。

ムコスタ点眼液UD2%(眼科処方薬)

角膜のムチン産生を促すドライアイ治療薬です。ムチン分泌作用、抗炎症作用があります。

市販はされていないので眼科で処方してもらって入手してください。

レーシック後のドライアイにおすすめの目薬のまとめ

まとめドライアイ

レーシック手術は角膜を削り知覚神経にダメージを与えてしまいます。

レーシック手術の後遺症で、ドライアイを患ってしまったと思われたら、まず手術をしたクリニックに相談しましょう。

もしそのクリニックが遠距離にあったら、お近くの眼科で診断してもらいましょう。

ドライアイの人が、市販で購入できる目薬についてはこちらでまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

コンタクト着用OK!ドライアイに効く目薬おすすめランキング

2015.12.11
スポンサードリンク
レーシック-ドライアイ-目薬-おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です