認知症が悪化する可能性がある治療薬とは

アルツハイマー型認知症の治療薬の中でも1999年に認可されたアリセプトは、認知症レベルが軽度から高度の多くの患者に使用されています。

認知症の薬の効果で認知症患者が興奮し、暴言や暴力などの副作用や、認知症の症状が悪化することがあります。

今回は認知症の薬で症状が悪化する理由を紹介します。

認知症の治療薬の副作用

チェック

認知症の治療薬が原因と考えられる症状

認知症の治療薬の中でも、よく使われる「アリセプト」という薬の副作用には、以下のような症状が見られることがあります。

  • 興奮
  • 暴言
  • 暴力
  • 歩行障害
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 頭痛
  • 眠気
  • 不眠
  • 手のふるえ
  • 口唇のふるえ

これまで穏やかで温厚だった人が、興奮して人が変わったように暴言や暴力がまれに発生します。これは認知症の治療薬「アリセプト」を服用している患者に見られる傾向があることがわかっています。

介護疲れに加え、認知症患者が興奮し、暴言や暴力があればそれはとても悲惨な状況になるでしょう。

このような興奮状態が続くようであれば、薬は中止せざる終えないでしょう。

アリセプトとは

アリセプト(薬品名:塩酸ドネぺジル)は1999年に国内で認可され販売されました。アリセプトは認知症のレベルが軽度から高度まで使えるので、多くの患者に処方される可能性が高い治療薬です。

アリセプトは、神経細胞の神経伝達物質であるアセチルコリンは、神経の情報伝達を促進し記憶障害や見当識障害などの認知症の症状進行を遅らせることが期待できます。

製造販売はエーザイ株式会社がしています。

アリセプトの副作用は、2つの評価に分かれます。例えば、これまで会話が少なかった人が、アリセプトを服用してから、会話が多くなったり、また周囲のことが気になったりすることがあります。

これを薬が効いたと評価する家族は、今までの元気のない姿から、自分を取り戻したなど、好意的に取るのですが、悪くなったと評価をする家族は、人が変わってしまったなどと、薬の副作用と評価します。

このような状況は、薬の服用をはじめたタイミングや、薬の量を増量もしくは減量したときにみられます。

薬の効果や副作用は、個人差がありますので、専門医としっかり相談してください。

認知症の症状悪化はよくあること

医師

認知症の治療は、まだ確立されておらず、特にBPSDといわれる周辺症状については、個別の治療方法を模索していかなければなりません。

アリセプトは根本的な治療薬ではなく、認知症の症状を遅延させる薬です。

アルツハイマー型認知症の原因はまだ完全に解明されておらず、治療薬の研究開発は、いま現在も困難を極めています。

認知症の薬の効果や副作用は、個人差があり、世の中に出ている情報でも様々な事例があります。

医師に相談することは大事ですが、正しい最新の情報の入手を欠かさず、認知症患者にあった治療方法をみつけていきましょう。

認知症の薬や食事に役立つ情報のまとめ10選

2016.03.11
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です