【併用できない!】認知症の治療薬「レミニール」の副作用とは

レミニールは2011年に国内で認可された認知症治療薬です。

具体的にどのような効果や副作用があるのでしょうか?

今回はレミニール(薬品名:ガランタミン)について紹介します。

レミニールは新しい認知症の治療薬

医師2

レミニール(薬品名:ガランタミン)

レミニール(薬品名:ガランタミン)は、2011年に国内で認可され販売されました。レミニールは、記憶障害、見当識障害などの認知症の症状進行を遅らせることが期待できます。製造販売はヤンセンファーマ株式会社がしています。

レミニールは、軽度および中等度のアルツハイマー型認知症に適応があります。

症状が進行してきたらアリセプトへの切り替えや、メマリーとの併用などを検討します。

薬の効果や副作用の状態をみながら、専門医と相談して判断する必要があります。

レミニールと他の治療薬との併用には要注意!

他の認知症の治療薬で、神経伝達物質のグルタミン酸の働きを抑える作用がある、メマリーとの併用はできますが、神経細胞の神経伝達物質であるアセチルコリンを増やす作用のあるアリセプトや、イクセロン、リバスタッチとの併用はできません。

薬の効きすぎで思わぬ副作用が起きる可能性があります。専門医の指示に従って服用しましょう。

レミニールの副作用

レミニールの副作用は吐き気、食欲の低下、下痢などの消化器系が多いです。吐き気が強い場合は吐き気どめを使います。

このような副作用は、薬の服用をはじめたタイミングや薬の量を増量したときにみらます。

また体重の減少や、めまいや眠気など、副作用には個人差がありますので、専門医と相談の上対処してください。

レミニールのまとめ

医師

レミニールは根本的な治療薬ではなく認知症の症状を進行を遅らせる薬です。

レミニールは吐き気や食欲低下などの消化器系の副作用が多いですが、これも個人差があります。

世の中に出ている情報でも様々な事例があります。正しい最新の情報の入手を欠かさず認知症患者にあった治療方法を見つけましょう。

認知症の薬や食事に役立つ情報のまとめ10選

2016.03.11
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です