変形性ひざ関節症の予防にコラーゲンをすすめる理由

変形性ひざ関節症とは、どんな原因で引き起こされるのでしょうか?

原因や症状をしっかり把握しておくことで、より良い改善方法が見つけられます。

変形性ひざ関節症にはコラーゲンが予防になることがわかっています。

今回は、変形性ひざ関節症の予防にコラーゲンをすすめる理由をまとめました。

変形性ひざ関節症とは

700万人の患者がいて女性がなりやすい症状

厚生労働省の発表によれば、変形性ひざ関節症は、700万人の患者がいると推定されています。

40代以上では、60%が変形性ひざ関節症の可能性があるといわれており、特に男性に比べ女性がなりやすい症状といわれています。

つまり中高年の女性は、変形性ひざ関節症の可能性が高いと考えても差し支えないでしょう。

軟骨が減ることで引き起こされる症状

変形性ひざ関節症は、骨と骨が直接あたってしまうことで、我慢できないほどの痛みがあります。

本来であれば、この骨のまわりには軟骨がひざの衝撃を吸収したりする役割を担っているのですが、加齢などが原因で軟骨が少なくなったり、ひざに大きな負担がかかることで軟骨がすり減ってしまうなどの理由で、変形性ひざ関節症が引き起こされます。

軟骨は、水とコラーゲンとヒアルロン酸などが結合している物質です。

これらの減少を防ぐことによって、変形性ひざ関節症は予防できるといわれています。

放っておくと半月板や靭帯に影響がある

変形性ひざ関節症は、見た目ではわかりにくい症状です。

歩く度にひざに痛みを感じた場合は、ひざ関節にトラブルがあると考えたほうが良いでしょう。

ただ痛みを我慢し続けて適切な処置をしないと、半月板や靭帯などにも大きな負担をかけてしまい、さらには『ひざに水がたまっている』という状態になりかねません。

この水は関節液といわれるものですが、これがたまり続けてしまうと手術で水を抜くなどが必要になったり、最悪の場合は車椅子の生活を強いられる可能性があるので、放置せずできるだけ早く対処した方が良いです。

変形性ひざ関節症の原因

仕事による生活習慣

ひざを酷使する動作が多い人は、変形性ひざ関節症を引き起こす可能性が高くなります。

しゃがんだりすることが多い仕事や、重たいものを持つことが多い仕事は、ひざに大きな負担をかけてしまっています。

たとえば、保育士、農家、引っ越し屋などに携わる人は、ひざ関節に負担が大きく、変形性ひざ関節症を引き起こす可能性が高いです。

激しいスポーツ

どんなスポーツでも『ひざ』の使い方が重要といわれるくらい、スポーツとひざの関係は深いものがあります。

ひざは構造上『たて』の動きに強いですが、『よこ』の動きには弱いです。

たとえば、サッカーやテニスなどは、『よこ』の動きによりひざの一部だけに大きな負担がかかることで、軟骨が擦り減り変形性ひざ関節症を引き起こす可能性が高いです。

過去のひざの大ケガ

変形性ひざ関節症は、『前十字靭帯損傷』や『半月板損傷』などの大きなケガをしたことがある人だと、引き起こされる可能性が高くなります。

靭帯は骨と骨を結ぶ役割がありますが、前十字靭帯はひざを安定させる働きがあります。この前十字靭帯をケガして損傷してしまうと、関節に負担がかかり結果的にひざ関節が変形してしまいます。

半月板はひざ関節の間にある板で衝撃をやわらげる役割があります。この半月板をケガで損傷してしまうと、衝撃を吸収しにくくなり、ひざ関節が変形してしまいます。

肥満と運動不足

身体が重くなることによって、ひざへの負担が大きくなり、変形性ひざ関節症を引き起こす人も少なくありません。

学生時代は、適度な運動などで関節にもほどよい刺激があった人が、社会人になって運動をまったくしなくなって、20キロ増えたという人は要注意です。

運動不足により、ひざ付近の筋肉も衰えてしまうと、衝撃を吸収しきれず、ダイレクトにひざ関節に大きな負担をかけてしまいます。

肥満と運動不足が重なってしまうと変形性ひざ関節症のリスクはかなり高まります。

変形性ひざ関節症の予防にコラーゲンがおすすめ

コラーゲンが摂取できる『コラゲネイド』がおすすめ

ニッタバイオ社長

加齢によって軟骨がすり減り、その土台となる骨も変形してしまうことで、痛みを感じてしまう変形性ひざ関節症ですが、予防するためにコラーゲンを摂取するのがよいことがわかっています。

日本で最大のコラーゲンを製造するニッタバイオ株式会社の社長によれば、コラゲネイドに含まれる『コラーゲンペプチド』を摂取することで、ひざ関節へ効果があり、変形性ひざ関節症の予防にも効果があるという研究結果があると紹介されていました。

この研究では、軟骨の層が厚くなり、軟骨の細胞数も多くなるということがわかっており、関節軟骨の変性を遅らせることで、関節軟骨の老化を予防できるというものということです。

つまり最先端の研究で、『ひざ関節にはコラーゲンペプチドが効果がある』とハッキリ断言されていました。

城西大学の駅伝部も『コラゲネイド』を取り入れている

コラーゲン城西大学

箱根駅伝の出場常連となっている城西大学の学生寮では、ひざ関節の機能向上や、ひざのケガ防止策として、食事にコラゲネイドを積極的に取り入れています。

NHKの番組内で『コラーゲン粉末を毎日摂取してから、タイムが伸びてきて、効果を感じられている。』とインタビューで紹介されていました。

このように、スポーツの最先端でも、コラーゲンを取り入れているという実績があります。

コラゲネイドの商品レビュー

コラーゲン補給『コラゲネイド』の成分分析と商品レビュー

2017.09.15

コラゲネイドを実際に飲んでみたレビューを紹介しています。

たった1300円で購入できるのはすごいです。

コラゲネイドの口コミまとめ

【NHKガッテンでも取り上げられ話題に】コラゲネイドの口コミまとめ

2017.09.15

コラゲネイドは、『関節』だけでなく『肌』や『髪』などへの効果を実感している人も非常に多いようです。

飲みやすさなど、口コミをまとめていますので、参考にしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です