【強くゴシゴシはダメ】口臭予防の正しい歯磨きの仕方

歯みがきは強くゴシゴシした方が、歯の汚れが落ちそうな気がしますが、実は歯垢が取れなかったり、歯茎を傷めたりしてしまいます。

歯をみがくのは、歯垢を取り除き、口の中を清潔にすることです。

あなたの歯みがきは正しいか、歯みがきの仕方をまとめましたので、参考にしてください。

口臭予防の歯みがきの仕方

重点的にみがくところ

歯みがきで重点的にみがくところは、歯みがきで歯ブラシが届きにくい場所です。

  1. 歯と歯の間
    歯と歯の間は食べカスがたまりやすく、虫歯の原因にもなります。歯ブラシを使って、歯と歯の間は重点的にみがきましょう。
  2. 歯と歯茎の境目
    歯と歯茎の境目は歯周病の原因にもなる歯垢がたまりやすい場所です。歯茎を傷つけないように、歯ブラシでやさしくみがきましょう。
  3. 奥歯のかみあわせ
    奥歯のかみあわせは、歯ブラシが届きにくく、みがきにくい場所でもあります。意識してみがきましょう。
  4. 前歯の裏側
    前歯の裏側もみがきにくく、歯垢がたまりやすい場所です。歯ブラシでやさしくみがきましょう。

以上の場所は、歯垢がたまりやすいです。口臭の原因菌を洗浄するためには、意識してみがきましょう。

歯ブラシの使い方のポイント

歯ブラシの使い方にはポイントがあります。

  1. 毛先を歯の面に優しくあてる
  2. 強くゴシゴシせずに、軽い力で歯をマッサージするようにみがく
  3. 歯ブラシを小刻みに動かす

歯みがきの時に、歯ブラシの使い方を間違えると、歯垢を取り除けないばかりでなく、歯茎を傷めてしまいますので、歯ブラシの使い方に歯注意しましょう。

歯ブラシの選び方

コンビニやドラッグストアで歯ブラシは簡単に購入できますが、選び方にはポイントがあります。

  1. 歯ブラシの毛先が短い方がみがきやすい
  2. 歯ブラシのヘッドが小さい方が奥歯をみがきやすい
  3. 歯ブラシは硬い方が少ない力でみがけるが、歯茎を傷めやすい

こちらの歯ブラシは、極薄ヘッドで奥歯もみがきやすいです。いままで使っていた歯ブラシとの違いに驚くでしょう。

値段が高いからといって歯をみがきやすいとは限りません。自分にあった歯ブラシを選びましょう。

歯みがきのポイント

歯みがきはできるだけ時間をかけるようにしましょう。短時間でみがこうとすると、歯ブラシの使い方も雑になり、また力を入れすぎて歯茎を傷めることにもなります。

歯ブラシを小刻みに動かし、優しい力でみがきにくいところを重点的にみがくようにすると、口の中が清潔になります。

歯みがき粉も口臭対策のものを選ぶと、より効果が見込めます。

また、舌が白くなっている状態は、舌苔(ぜったい)という食べカスや雑菌の死骸がたまったものがこびりついています。これは口臭の原因にもなりますので、やさしく取り除きましょう。舌専用のブラシがおすすめです。

舌には神経細胞が集中しているので、新陳代謝が活発なため、非常にデリケートな場所です。舌ブラシを使う際は、舌をなでるようにやさしくして、舌苔を取り除くようにしましょう。

また、最後にマウスウォッシュなどで仕上げると、口の中にある雑菌を完全に除去できます。

刺激が強いものが苦手な方は、ノンアルコールタイプを選ぶと良いでしょう。クチュクチュッペッをするだけで、口の中の雑菌を繁殖しにくくしてくれます。

まとめ 口臭予防の歯みがき

あなたの歯みがきは、どうですか?強くゴシゴシしていませんか?

歯をみがくのは、歯垢を取り除き、口の中を清潔にすることです。口臭予防には、普段の歯みがきがとても重要ですよ。

重点的にみがくべきところを、みがくようにしてくださいね。

そして歯ブラシの選び方や、おすすめ歯磨き粉、おすすめマウスウォッシュもぜひ取り入れてみてください。

本格的な口臭対策にはサプリメントがおすすめです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です