【お酢で水虫を治す方法】自宅でできる治療方法の手順と注意点

お酢で水虫を治す方法

水虫の治療にお酢が効果的といわれていますが、水虫菌とお酢にはどのような関係性があるのでしょうか?

お酢が本当に効果があるのか気になりますよね?

今回は、お酢で水虫を治す方法をまとめました。

水虫とお酢の関係性

お酢で白癬菌は殺菌できる

白癬菌とは、水虫の原因となる菌です。

この白癬菌がお酢の中では殺菌できるということが学会で発表されたようです。

発表によれば、「40℃以上の酢に、白癬菌を20分以上浸しておくと死滅する」というものです。

つまり、お酢が水虫菌に対して有効であるということが科学的に証明されたということです。

水虫菌(白癬菌)以外にも、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、大腸菌、赤痢菌、チフス菌なども、40℃以上の酢に20分以上浸しておくと死滅するとの事です。

つまりこの白癬菌を殺菌できれば、水虫のケアになるといえます。

お酢だけでは完治はしない

お酢は、水虫菌(白癬菌)を殺菌できるのでケアするものとして使えます。

ただし、皮膚科の専門医によれば、お酢だけで水虫の完治は難しいとのことです。

お酢が殺菌するのは、肌の表面にある水虫菌の殺菌には有効である可能性は高いですが、肌の角質奥にある水虫菌を殺菌するわけではないとの見解です。

わたし
お酢が水虫の治療に効果がないわけではないですが、完治させるには水虫菌を完全に殺菌しないといけません。

塗り薬や飲み薬を使って、根気強く対処していく必要があるとの事です。

ただし、お酢の足湯は、一定の効果がみられるとも認められていましたので、水虫で悩んでいる人にとっては、試す価値があります。

ちなみに、わたしはこのお酢を使った治療方法が非常に効果ありました!

お酢で水虫を治療する方法

今回紹介するのは、お酢をぬるま湯に混ぜて、水虫の患部に浸すという治療方法です。

準備するもの

  • 両足の水虫の患部が入る洗面器やビニール袋
  • ぬるま湯(やけどしない40℃以下が良い)
  • 食用のお酢
  • タオル
わたし
お酢は、スーパーで販売されている普通のお酢で問題ありません。

毎日やるので、多めに買っておいたほうが良いですよ。

手順

  1. 洗面器やビニール袋にお酢100mℓに対し、ぬるま湯900mℓの計1ℓのお酢入りのぬるま湯を作ります。
  2. 足の患部を20分前後を目安に浸し、終わったらタオルで拭き取ります。
わたし
足の患部だけでなく、足首ぐらいまで浸すと良いと思います。

ですから、洗面器やビニール袋は大きめのものが良いですね。

注意点

  • お酢の原液の方が効果があるとも言われていますが、刺激が強くなり染みて痛みを伴う可能性があります。
  • 医師からは、お酢を10倍から100倍のぬるま湯で、患部を浸すのが良いといわれました。
  • 敏感肌の人は、お酢入りのぬるま湯に浸した後は、水で充分お酢を洗い流したほうが良いでしょう。
  • 毎日やるのが良いです。
  • 1回に20分以上やっても逆効果でなので20分前後にしてください。
わたし
お酢の濃度は、まずは100倍ぐらいが良いと思います。刺激があって痛みを感じる場合は、逆効果になる可能性があるので、できるだけ刺激が無いぐらいでやることをおすすめします。

なによりも大事なのは、毎日やることだと思います。

1回に長時間やるよりも、毎日20分ほどを続けてやる方が良いです。

お酢を使ったケアは根気強くやれば効果がある

水虫は恥ずかしいしかゆいし厄介な病気ですが、しっかり根気強く対処すれば治ります。

刺激が強すぎる場合はしっかり調整して

お酢を使ったケアは、確実に効果はあるものの、水虫になっている肌は敏感になっています。

この敏感な状態で、お酢のような刺激のあるものは、肌を痛めてしまい、皮膚組織を余計に壊してしまいます。

お酢の濃度にはくれぐれも注意してください。

まずは刺激が非常に少ない状態を、毎日続けるようにしましょう。

慣れてきたら、徐々にお酢の濃度を上げていくと良いです。

爪に感染している場合は長期間を覚悟して

爪がボロボロになるなど症状が進行している場合は、爪に特化したケアをしなければなりません。

爪がポロポロ崩れていくような症状は、水虫が爪に感染してしまっています。

足の皮膚よりも、水虫の症状はひどくなっている状態です。

爪がボロボロになってしまっている場合は、奥深くまで水虫菌が入ってしまっているため、半年以上のケアが必要です。

爪をケアする場合は、皮膚科で診察してもらい、飲み薬を処方してもらった方が良いかもしれません。

もし皮膚科に行く余裕が無い場合は、クリアネイルショットという爪に特化した水虫対策クリームがおすすめです。

クリアネイルショット

クリアネイルショットは浸透力が強いクリームです。

使えば分かりますが、お酢のようなニオイがキツイので、寝る前に塗布するのが良いと思います。

わたし
浸透力が強いので、良いと思います。

お酢の治療方法を毎日やって、寝る前にクリアネイルショットを爪に塗布していけば、症状は落ち着く可能性が高いです。

足の皮膚部分は2ヶ月を目安に

足の指のグジュグジュや、かゆみに悩んでいるなら、水虫の症状は初期段階なので、早めのケアが良いです。

皮膚の表面上だけに水虫菌がある場合は、お酢を使った治療方法が効果があるでしょう。

でも、皮膚の奥に水虫菌が入ってしまった場合は、ケアする期間は長くなります。

水虫クリアフットヴェール

お酢の治療方法は、お風呂で毎日やるのをクセづけました。

またネットで評判の水虫対策クリームの『クリアフットヴェール』は、寝る前と朝起きて靴下を履く前の1日2回塗布しました。

わたし
2週間ぐらいで症状はかなり改善され落ち着きましたが、やはり再発する可能性があるので2ヶ月はやり続けたほうが良いと思います。

クリアフットヴェールは、クリアネイルショットよりも量が多く、ニオイも少ないです。

といっても多少お酢のようなニオイはあります。

お酢の治療方法と、水虫対策のクリーム『クリアフットヴェール』を上手に使って、根気強く毎日ケアしたら、症状は落ち着くと思います。

 

お酢を使ったケアは毎日やることが大事

お酢を使ったケアは、とにかく毎日やり続けることがとても大事です。

水虫菌は非常に繁殖能力が高く、簡単に殺菌できません。

水虫は自然には治りませんから、しっかりとケアしてください。

わたし
そして、お酢のケアと同時並行で水虫対策のクリームなどを使うと、より効果は高まると思います。

自分の症状をしっかり見極めて、しっかりとケアしてください。

女性用
クリアネイルショット

 

お酢で水虫を治す方法
スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 準備するもの
    フットカバー(100円ショップの物で十分)
    バスルームブーツ(これも100円ショップ)
    ビニール袋
    食酢

    フットカバーを履いてビニール袋に足を入れます。
    そこへ足全体に食酢が行き渡る程度に入れる。
    バスルームブーツを履けば移動も可能です。
    20分くらい放置。
    私は拭かずに自然乾燥✨
    早くよくなりますよ☺
    お肌の弱い人はぬるま湯で薄めて下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です