皮膚科で水虫検査の費用っていくらぐらいするのか確認してみた

水虫の治療費って高そうな気がしますよね。水虫の検査っていくらぐらい費用がかかるのでしょうか?

そんな風に不安に思っているなら、この記事を確認ください。

水虫検査の費用についてまとめました。

水虫の検査

診察

水虫の検査の一般的な診察費用

初回診察は、診察料と薬代で約3000円くらいです。

  • 初診費用 1000円
  • 診察費用 1200円
  • 検査費用 500円
  • 薬代   +α円

2回目以降の診察は、初診費用がかからないのですが、あなたの症状によっては飲み薬が処方されると、血液検査が必要になることがあります。

初診の時にしっかりとあなたの症状と今後の治療費用の目安を聞きましょう。

「爪白癬」と診断された場合は、治療には約半年、費用も3万円~5万円ほどかかってしまう可能性があります。

初診の場合は、皮膚や爪を採取して水虫菌が付着しているかどうかの検査をします。

顕微鏡で水虫菌がいるかどうかをチェックするだけなので、特別高くなるということはありません。

水虫の検査の方法

検査はピンセットで爪を削り、顕微鏡でチェックして水虫菌の存在を確認します。

水虫の飲み薬を処方された場合は、副作用のチェックをするために血液検査をすることがあります。

爪水虫は費用はかなりかかってしまう

爪水虫

グジュグジュ水虫の「趾間型」であれば、水虫は初期段階なので通院も1~2ヶ月ですみますが、爪水虫の爪白癬だと半年以上の通院が必要になり、治療期間も治療費用も、大きな負担になります。

水虫の原因は、不衛生などが原因と言われることがありますが、それは違います。

水虫は、お風呂のバスマットやバスタオルでも感染してしまう感染病で、大人だけでなく、幼児でも感染する可能性はあります。

クリアネイルショット

はじめは指の間がグジュグジュしたり、足の裏に水疱ができたりしますが、放置してしまった場合は水虫菌(白癬菌)が爪に感染し、爪水虫になってしまいます。

爪水虫に悩んでいたら、一度クリアネイルショットをチェックしてみてください。全額返金保証もあって安心して試せます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。