【水虫がひどくなった本当の理由】寝るときに5本指靴下を履いたから?

水虫寝るとき靴下

水虫になってしまうと足の指がかゆくてたまりませんよね。

掻かないようにするため、また二次感染を防ぐために、自宅では5本指ソックスを履いている人が多いようです。

でも、水虫がひどくなってしまわないのでしょうか?

今回は、水虫の人が寝るときに靴下を履いた方が良いのか確認しました。

寝るときに靴下は絶対に履いてはダメ

チェック

結論ですが、寝るときには、靴下は脱ぎましょう。

理由は、水虫菌(白癬菌)が、高温多湿の環境だと増殖してしまうからです。

寝るときの環境は、足が蒸れて温まるので水虫菌にとっては増殖のチャンスになってしまいます。つまり靴下をはいて寝ると余計に水虫菌が増殖しやすくなります。

人間は寝ているときに多くの汗をかきます。足の裏から一晩でコップ1杯程度の汗をかきます。

水虫の人は、なるべく足を乾燥させたほうが良いので、寝るときには靴下を履いてはいけないのです。

寝る前に重要な4つのこと

お風呂で足をきれいにする

お風呂は毎日入って、足の指の間もしっかりキレイにしましょう。

ただし既に水虫でグジュグジュになってしまっている患部を、石鹸などでゴシゴシ刺激してしまうと、症状がひどくなります。泡立てた石鹸でやさしくマッサージする程度で充分です。

また石鹸の洗い流しが甘く、石鹸成分が肌に残ってしまうと、水虫菌を増殖させることになりますので、入念に洗い流すのがとても重要です。

バスマットは頻繁に交換する

お風呂あがりのバスマットですが、家族に水虫を感染させてしまう原因にもなります。

できれば個別にバスマットを用意して、感染を防ぐようにしましょう。

またバスマットには雑菌が繁殖しやすい環境です。

できるだけこまめに洗濯して、常に清潔にするようにすることもとても重要です。

お風呂あがりに塗り薬を使用する

お風呂あがりは、皮膚が柔らかくなっており、塗り薬を水虫の患部に浸透させるためには、良いチャンスです。

患部をしっかり乾かした後、専用の水虫の塗り薬を使用して、できるだけ清潔に保ちましょう。

足をできるだけ乾燥させる

水虫菌は多湿だと増殖しますので、水虫の患部はできるだけ乾燥させるようにしましょう。

最近では足の指を強制的に開き通気性を良くするグッズもあります。

5本指ソックスもよいですが、寝るときは足の裏も汗をかき、足が蒸れるので寝るときは絶対に脱ぐようにしてください。

寝るときの靴下について

足の裏

寝るときに靴下を履いてはいけない理由を理解いただけましたでしょうか?

水虫菌に感染してしまった足は、なるべく乾燥させたほうが良いので、靴下は必ず脱いで寝るようにしましょう。

とにかく、水虫の治療は根気が必要です。できるだけ患部を清潔に保ち、薬をしっかり使って、対処しましょう。

ネットで購入できる水虫対策

ネット

爪水虫ならクリアネイルショット

クリアネイルショット

爪水虫は、爪がボロボロになってしまう恐ろしい水虫で、市販薬ではなかなか対処できません。

爪水虫クリアネイルショット

爪に水虫菌が感染してしまったら、皮膚科で飲み薬を処方してもらうか、ネットで評判のクリアネイルショットがおすすめです。

クリアネイルショットは浸透力が強いクリームで、水虫の感染拡大を防ぐことができるのでおすすめです。

足の指ならクリアフットヴェール

女性用

もし、市販薬で満足できない人は、全額返金保証があって『環状重合乳酸』『竹酢液』『サリチル酸』が配合されたネットで購入できる水虫薬がおすすめです。

しかんがた水虫

わたしの場合ですが、薬用石鹸できれいに患部を洗い、『クリアフィットヴェール』を毎日塗って塗っていたら、市販薬(※ラミシール)より、こっちの方が良かったです。

スポンサードリンク
水虫寝るとき靴下

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。