【水虫薬クリームの塗り方】正しいケアをしないと治らない

【水虫薬クリームの塗り方】正しいケアをしないと治らない

水虫は、再発性の高いやっかいな症状です。

水虫薬クリームは、一時的にかゆみが落ち着くことはありますが、しっかり塗らないと完治しません。

今回は、水虫薬クリームの塗り方をまとめました。

水虫薬クリームの塗り方

水虫は自然には治りません。しっかりと水虫薬クリームでケアしましょう。

水虫薬のクリームの塗り方にはポイントがありますので、紹介します。

毎日塗る

水虫菌は繁殖力が強いので、水虫薬クリームを毎日塗り続けることがとても大事です。

まとめて大量に塗っても全く意味がありません。

できる限り、こまめに塗った方が良いので、毎日コツコツ塗り続けましょう。

お風呂あがりに塗る

お風呂あがりは、水虫の患部がきれいになっており、また皮膚が柔らかくなっています。

お風呂あがりは、水虫薬クリームの浸透が良いです。

お風呂あがりに、毎回、水虫薬クリームを塗るクセをつけましょう。

水虫の症状が出ていない部分にも塗る

足の指の間のグジュグジュ水虫の場合は、足の指の間に塗り薬を塗るのは当然です。

でも水虫菌は繁殖力が強いので、『足の側面』や『土踏まず』や『かかと』にも水虫薬クリームを塗るようにしましょう。

つまり足全体にまんべんなく薄く塗るのがポイントです。

水虫菌には潜伏期間があり、まだ症状が出ていないだけの可能性があります。

片足しか水虫になっていない場合でも、両足に塗っておいた方が良いです。

症状が治まっても塗る

水虫薬クリームを塗りはじめてから、2週間で症状が治まる可能性はあります。

ただし、かゆみがなくなっても、水虫薬クリームは2ヶ月は塗り続けましょう。

水虫菌が完全に死滅し、身体から除菌できるまでは、相当時間がかかるといわれいます。

皮膚科の専門医によれば、使用しているクリームを使い終わるまでか、できれば2ヶ月は塗り続けるよう指導しているとの事です。

だから症状が落ち着いても、2ヶ月は塗り続けましょう。

症状がひどくなったら塗らない

水虫薬クリームを塗った時に、しみたり、痛みを感じた時は、塗るのをやめましょう。

患部の皮膚組織が壊れてしまっている可能性が高く、水虫薬クリームの刺激が強くて、逆効果になってしまいます。

赤くただれてしまって、かゆみも増して、歩くのがつらいぐらい痛みがある場合は、水虫薬クリームの使用を中止し、皮膚科で診てもらってください。

おすすめのクリーム

評判の良い『クリアフットヴェール』というクリームがおすすめです。

クリアフットヴェール商品
わたし
このクリームは、効果がなかったら全額返金されます。

わたしにはバッチリあいました。

クリアフットヴェールは、足のかゆみに悩んでいる人におすすめです。

クリアネイルショットは、爪がボロボロになってしまった人におすすめです。

女性用
クリアネイルショット
わたし
わたしは足の先から、足首まで、全体的に塗り続けました。

かゆみもすぐに落ち着いて、毎日塗らないと気がすまないぐらいまでになりました。

クリームは、お風呂あがりに、毎日根気強く塗り続けましょう。

症状が出ていない部分にも塗るのがポイントですし、症状が治まっても塗り続けるようにしてくださいね。

【水虫薬クリームの塗り方】正しいケアをしないと治らない
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です